『007 スペクター』の海外版ポスター

『007 スペクター』の海外版ポスター

ダニエル・クレイグの跡を継ぐジェームズ・ボンド俳優は誰か? これ、このところハリウッドで旬な話題の一つである。発端は、昨年末に米ソニー・ピクチャーズを襲ったサイバー・アタック。まだ記憶に新しいあの事件で、流出した元ソニー重役エイミー・パスカルのメールの中に、「イドリス・エルバは次のボンドになるべき」というパスカルが書いた一文があったのだ。

イドリス・エルバは日本での知名度は今ひとつながら、主演ドラマ「刑事ジョン・ルーサー」などで人気のダンディな黒人男優。メールの流出により、「初の黒人ボンド誕生か?」と巷が騒ぎ出し、さらには「そろそろ同性愛者のボンドが生まれてもいいのでは?」などの議論へと広がった。

だがつい最近、『007』シリーズ小説版の公式作家であるアンソニー・ホロヴィッツが英メディアに「エルバはボンド役には少し粗野すぎる」と語ったことが報じられ、エルバのファンをがっかりさせた(その後ホロヴィッツは「粗野すぎる:too street」という表現が非難されたため、Twitterで謝罪)。

一方、先週末にはヒュー・ジャックマンが興味深い発言で注目を集めた。彼は_豪テレビ番組で「(ボンド役をオファーされたら)真剣に考える」と話したのだが、実はこの言葉の裏には、ある経緯があった。本人が同番組で明らかにしたのだが、ジャックマンは数年前、実際に『007』シリーズの製作陣からボンド役をオファーされていたというのだ。

「当時、私は撮影直前だった『X-MEN2』のウルヴァリン役に集中していて、『今は時期が悪い』と考えたんだ」とジャックマン。だが46歳になった彼は、もし今、改めて同じオファーをされたらと問われ、「真剣に考える」と答えたというわけ。英国出身でないところは少し引っかかるが、実現したら面白いボンドになりそうだ。

また「同性愛者のボンド」については、8月末に5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンがコメントしている。彼は米メディアに対し、初めは「いいじゃないか」とゲイのボンド案に賛同したが、しばし考えてから「でも、うまくいかないかな。(プロデューサーの)バーバラ・ブロッコリがOKするとは思えない。アイデアはいいと思うけど」と言った。

そして、「実力のある黒人俳優のジェームズ・ボンドが先じゃないか」とブロスナンは続けた。「イドリス・エルバなら身体的特徴、カリスマ性、存在感から言って適任だろう。でも、まだ当分はダニエル・クレイグの時代が続きそうだけどね」。

時代の流れに乗った新案は数あれど、それらが実現へ向かうのは、高い人気を誇る現行のボンドが衰えを見せてからになりそうだ。クレイグ主演のシリーズ最新作『007 スペクター』は12月4日(金)に日本公開を迎える。

LA記者:鈴木淨

SPECTRE (c)2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.