壁ドン連打で元祖壁ドンに勝つ!

『ヒロイン失格』桐谷美玲

幸田もも子のコミックを実写化した青春ラブコメディー『ヒロイン失格』。いちずな恋に暴走する松崎はとりを演じた桐谷美玲は、ヒロインなのに丸刈りやヘン顔をさく裂させ、抜群のコメディエンヌぶりを発揮した。

『ヒロイン失格』は9月19日より全国公開中

取材・文: 南樹里 写真: 杉映貴子

恋愛はキュンキュンしたい!

Q:はとりが片思いする幼なじみの寺坂利太(山崎賢人)と、はとりのことを好きな学校一のモテ男の弘光廣祐(坂口健太郎)の間で揺れ動くヒロインを演じられましたね。

はとりはめちゃくちゃですけど、自分の思いを大事にして素直に気持ちに従っていったいちずな恋愛模様が描かれています。それが王道ヒロインなのか、邪道ヒロインなのか、漫画が原作のラブストーリーという先入観を持たずに映画館に行っていただきたいです。今恋愛している人は、こんなこともあるんだとキュンキュンすると思います。そして恋愛お休み中の方には、恋愛ってこんなに楽しいんだと思い出してもらえると思います。

Q:劇中で繰り広げられる究極の三角関係についてどう思いますか?

弘光くんとなら絶対に幸せになれそう。ただ、はとりが思いを貫く気持ちは、すごく理解できます。わたしは原作を読んでいるときから利太派で、弘光くんのようにカッコよ過ぎて完璧な人より、ちょっぴり抜けているところがある方が安心します。

Q:はとりの妄想シーンも楽しい本作。桐谷さんが理想とする甘酸っぱい体験を妄想してください。

修学旅行中に私服でこっそり抜け出すとか、いいですよね。高校時代に体験していないことなので、憧れます! 弘光くんは何でもできちゃって、いろいろと教えてもらうのは、女の子としてはキュンキュンして楽しいですよね。

Q:原作ファンの桐谷さんがセレクトする、本編にはない原作キュンキュン話を教えてください。

はとりと弘光くんが付き合って、利太がはとりを追う状況でのエピソードで、「弘光くんの消毒チュウ」というのがあるんです。はとりが弘光くんに「利太に不意打ちキスをされた」と報告すると、弘光くんが「もう絶対するなよ」ってはとりにキスをするっていう、超王子様な弘光くんのシーンはキュンキュンです。

Q:それはキュンキュンしますね。弘光くんといえば、本作では連打の壁ドンが見られますが。いかがでしたか?

怖かったです(笑)。監督が利太役の山崎くんは元祖・壁ドンだから、「元祖に勝つには連続しかない」と。撮影では、弘光くんが「ドン!」、はとりが「スッ!」と移動というセットの繰り返しを1カットで撮っているので、「スッ!」の移動をリズム良くしないと次に間に合わないので、弘光役の坂口さんと息を合わせて頑張って撮影しました。

『ヒロイン失格』桐谷美玲インタビュー

ヒロインの心情を教えてくれるファッション!

Q:少女漫画が原作ということもあり、ヒロインのヘアメイクとファッションがとにかくキュートでした。

ありがとうございます! ヒロインの心情がファッションからわかるようになっていると思います。監督やヘアメイクさんはじめ、みんなで意見を出し合って衣装合わせを何回もして、髪型はなるべく原作に忠実になるようにシーンごとに変えています。自分の高校生時代には、恥ずかしくてできなかった制服におさげ髪、制服にツインテールヘア姿が、はとりを演じることでできたのでうれしかったです! 

Q:そのほかにファッションでこだわった点はありますか?

あまり画面には映らないんですけどネイルにもこだわりました。はとりは高校生なのでピンクベージュがベース。デザインはシールでアレンジしてバランスと色合いも工夫しました。シールにしたのは撮影のシーンごとにすぐ取り替えられるので、そういう細部まではとりらしくオシャレを心掛けました。

Q:劇中で披露した丸刈りについて伺わずにはいられません!

そういう楽しいことが好きなので抵抗はまったくありませんでした。皆さんに触ってもらって、いっぱい写真を撮ってノリノリでやっていました。でも、たとえわたし自身が恋を捨てたとしても丸刈りにすることはないです。

Q:かわい過ぎるヘン顔も披露されていましたが、ヘン顔をするコツは何ですか?

全然かわいくないです! 振り返ると、ヘン顔はもっと激しく崩しても良かったかなと思っています。わたしは高校生のころから普通にヘン顔してきたので、(専属モデルだったファッション雑誌)「Seventeen」では、ヘン顔キャラだったんです。顔って伸びるんですよ、なので伸ばすところは全て伸ばすこと。ということで、ヘン顔のコツは恥を捨てて思いっきり! です。

Q:顔の筋肉を動かすので美容にも効果的な気がします。

美容法にいいかもしれないですね、たるみを防げるかも。本作の原作者の幸田もも子先生は、描くときにご自身でヘン顔をされているそうなので、撮影現場にいらしたときに「この顔をどうやってやればいいですか?」と伺って、アドバイスとお墨付きをいただきました。

桐谷美玲の取扱説明書

桐谷美玲の取扱説明書

Q:西野カナさんが歌う、本作の主題歌「トリセツ」にちなんで、桐谷さんのトリセツを三つ教えてください!

「おいしいものを食べさせること」「寝ているときは起こさないこと」「服がかわいい! とか照れずに褒めること」です。褒めることに照れてしまう人が多いと思うんですけど、そこはちゃんと言葉にして言ってもらえるとうれしいです。

Q:モデル・女優・キャスターと幅広くご活躍されていますが、女性として大事にしていることは?

どんなに忙しくても、かわいいお洋服は着たいです。朝、すごく眠くて、髪の毛はボサボサでメイクが適当になったとしても、ジャージとかパジャマでは出掛けたくない! お仕事ですぐ衣装に着替えるし、お仕事から帰るときに着替える必要もないので、こだわる必要はないんですけど、そこだけはちゃんとしていたいです。

Q:男性のファッションについてはいかがですか?

一番は清潔感。背伸びし過ぎず似合っていること。頑張っています! っていうのもかわいいですけど、シャツとパンツみたいにシンプルでありつつ、やはり清潔感が大事です。

ヘアメイク:今井貴子
スタイリスト:井阪恵(dynamic)