「どうしてもこの役を演じたかった」アン・ハサウェイ、インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

アン・ハサウェイ
Photos by Mayumi Nashida

働く女性たちのファッション・バイブル『プラダを着た悪魔』で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でサバイバルしていくヒロインに扮し、瞬く間にブレイクしたアン・ハサウェイ。その後、ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』で、アカデミー賞助演女優賞を獲得し、ハリウッド女優としての地位を不動のものに。そんな彼女が映画『プラダ~』のアシスタント役から9年の時を経て、最新作『マイ・インターン』ではファッションサイトの社長役を熱演。しかもシニア・インターンとしてアン扮する女性社長ジュールズの元へやってくるベンを演じたのは、アカデミー賞に2度も輝いたハリウッドのレジェンド、ロバート・デ・ニーロ! またとない、おいしい(?)状況下で、新境地を開拓したアンをニューヨークで直撃しました!

マイ・インターン

Q:オスカー賞女優のあなたが、オーディションを受けてジュールズ役を勝ち取ったというウワサは本当ですか?

本当よ。どうしてもこの役を演じたかったの。魅力的な役だったし、私の大好きな監督、俳優たちと一緒に仕事をしたかった。“絶対に失敗しちゃダメよ!”と心の中で思いながら、オーディションを受けたわ。

Q:本作でファッションサイトの社長を演じていますが、実際にWEBで服を購入することは?

もちろんあるわ。Net-a-Porter(ネット・ア・ポーター)が70%オフのセールをやっていたときがあって。「ザ・ロウ」(※オルセン姉妹が手掛ける人気ブランド)を買う絶好のチャンス!と思ったら、ものすごく興奮したわ(笑)

Q:どんな役作りをしましたか?

さすがに起業はしていないけど、ナスティ・ギャル(※アメリカの20~30代女性に絶大な人気のオンラインショップ)の創業者ソフィア・アモルソに会ったわ。彼女はオフィス内を私と監督に案内してくれた。ローラ・サント・ドミンゴは、モーダ・オペランディ(※人気ブランドの最新コレクションをランウェイでの発表直後、先行発注できるサイト)を見せてくれて、勉強になったわ。起業した女性ブロガーたちにも話を聞いて、リサーチしたの。

マイ・インターン

Q:インターンをしたことはありますか?

映画『プラダを着た悪魔』の役作りのため、クリスティーズ(美術品オークションハウス)でインターンをしたの。数週間程度だったけど、みんな優しかったわ。素晴らしいアートに触れることができたし、刺激的な人たちとも話すことができて良い経験になった。特に書庫を整理させてもらったときはオタクの血が騒いだわ(笑)

Q:初めてギャラをもらったときのことを覚えていますか?

ペーパー・ミル・プレイハウスで上演されたギャヴィン・マクラウド主演の舞台ミュージカル『ジジ』のエキストラをしたの。私は13歳だった。13週間の契約で50ドル(約6000円 ※1ドル120円換算)をもらったわ。そのお金は200ドル(約24000円)のレザーパンツを買う資金の一部に充てた。今でもそのレザーパンツは持っているわ。

マイ・インターン

Q:本作では妻が家計を支え、夫がキャリアをあきらめて、自宅で一人娘の面倒をみています。あなたにぴったりの役(※アンの夫アダム・シュルマンは、自分の仕事よりもアンのキャリア優先。彼女をサポートしている)だと思ったのですが、こういった役を演じる必要性を感じたのでしょうか?

ええ。そういうことを描いた作品ってほかにないと思うの。私はジュールズが、パワフルな女性であり、ボスであり、でも意地悪な魔女ではないということが大事だと思ったの。彼女は働く女性で、娘を愛する素晴らしい母親よ。仕事を持つ母親の真の姿にもっとも近いと思う。だからこそ、この映画が作られたことを本当に嬉しく思っているの。

アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)
Photos by Mayumi Nashida

Q:ほかには、ジュールズのどんなところに共感しましたか?

若くして成功し、無防備なまま、大勢に注目を浴びて仕事をする姿に強く共感したわ。

Q:そう感じたのは、あなたも若くして成功したから?

そうね。人を心底信頼するまでに時間がかかるの。だからといって、尻込みしていては何も始まらない。前に進むしかないわ。ジュールズもそれを学んでいくのよ。

取材・文/田嶋真理

『マイ・インターン』
ジュールズは、人気ファッションサイトの女社長。仕事と家庭の両立に悩む彼女にシニア・インターンのベンが最高の助言を与えていく。『セックス・アンド・ザ・シティ2』の衣装スタッフが手掛けた最新ファッションにも注目!

10月10日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開
監督/ナンシー・マイヤーズ 出演/アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロほか 配給/ワーナー・ブラザース映画

© 2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

記事制作 : dメニュー映画