「僕には引退する理由がない」ロバート・デ・ニーロ、インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ロバート・デニーロ(Robert De Niro)
Photo by Mayumi Nashida

スキージャンプ界のレジェンドが葛西紀明なら、ハリウッド映画界が誇るレジェンドはロバート・デ・ニーロ! 72歳を超えた今でもA級スターの地位をがっちりとキープ。若手のハリウッド俳優がこぞって憧れる存在となっています。最新作『マイ・インターン』では、アン・ハサウェイふんする悩める女性社長に人生を豊かにするヒントを与える、シニア・インターンの紳士ベンという、彼にぴったりな役柄を好演! マスコミ嫌いで、インタビューを滅多に受けないことでも有名な彼が取材を受けると聞き、ニューヨークへ直行。インタビューを行いました。

マイ・インターン

Q:映画『マイ・インターン』で描かれたシニア・インターン制度についてどう思いますか?

とても良いアイデアだと思っている。今は知られていないけど、この映画がきっかけとなって認知度が上がるかもしれないね。アメリカでは高齢者はあまり大事にされないんだ。日本のようなアジアの国々やヨーロッパでは、高齢者を敬う文化があるというのに。

Q:映画界のレジェンドと呼ばれるあなたでもそう感じる時があるんですか!?

もちろんさ。若いというのは、それだけで人の注目を浴びるものだからね。映画の大半は若者向けに作られているし。デジタルで映画を撮影すると、自分の顔を若く見せることが出来るらしいんだ。そういった機能を使えば僕もあと30年くらいは仕事が出来ると思うよ(笑)

Q:ベンは映画の中で太極拳を学んでいます。あなたが健康や若さのために行っていることは?

ワークアウトは毎日しているよ。

Q:具体的にはどんなことをされているのですか?

エアロビクス、ウェイトリフティングとこういうもの・・・(と言いながら、デニーロは自身の両腕と腰を前後にぐいぐい動かす。クロストレーナーという運動器具の言葉をど忘れしてしまった様子。しかし、彼のこのジェスチャーが偶然、性行為を表す仕草に!!)
(デ・ニーロの隣に座っていたアン・ハサウェイが彼のジェスチャーが持つ意味に気づき、笑いをこらえきれず、吹き出す)何ですか、それ?(笑)
(同じ部屋にいた全員が爆笑)
(意図せず、性行為を表すポーズをしてしまったことに気づき)いや、そういう意味じゃなくて・・・(照れ笑い)。ボクシングも少しやるよ。

マイ・インターン ロバート・デニーロ

Q:それでは、気を取り直して・・・・・・(笑)。あなたはインターンの経験はないそうですが、初めてギャラをもらったときのことは覚えていますか?

初めてギャラをもらった作品は、ブライアン・デ・パルマ監督の映画『御婚礼/ザ・ウェディング・パーティ』だ。彼の長編初監督作品だったよ。出演が決まったとき、僕はまだ19歳。未成年だったから、小切手へサインするときには母も一緒に来ていたんだ。母と一緒に契約書を読んでいたんだけど、そこにギャラは50ドル(約6000円 ※1ドル120円換算)と書かれていてね。一週間で50ドルかと勘違いしていたんだけど、母に“この映画の出演料は50ドル。それがあなたのお給料よ”と言われて本当の金額を知ったんだ。それが僕の初めてのギャラさ。

Q:今では信じられない金額ですね(笑)。今年で72歳を迎えましたが、引退を考えたことは?

僕くらいの年齢になれば誰だって考えるさ。でも僕には引退する理由がない。演技が楽しいから、仕事を続けたいんだ。ほかにすることもないしね(笑)。

Q:いや、そんな・・・・・・。ベンは、今時珍しい古いタイプの紳士として描かれていて、とても素敵だと思いました。あなたにとって紳士とはどういう人をイメージしますか?

思いやりと優しさがあり、人にされたくないことはしない。それだけだ。

マイ・インターン

Q:“泣いている女性に貸すために、男にはハンカチが必要”と、ベンが若手の社員にハンカチの重要性を説明するシーンがありますが、あなた自身は持っていますか?

持っていないね。ほら(手に握っていた、鼻をかんでくちゃくちゃになったテッシュの塊を見せる)。夢を壊して申し訳ない(笑)

Q:タフガイのイメージが強いあなたですが、本作で演じたベンのような愛すべきキャラクターもハマり役でした。

嬉しいね。でも続編をやるなら、誰かを痛めつける役が良いと思うよ。(笑)

ロバート・デニーロ(Robert De Niro)
Photo by Mayumi Nashida

Q:インタビューを滅多に受けないことで有名ですが、今の状況はいかがですか?つらいですか?

実はこれが最後の取材なんだ(笑)。こうやって記者たちと話すのは良いことだ。だから、僕も時々は映画を応援するためにインタビューを受けるんだよ。

取材・文/田嶋真理

 

『マイ・インターン』
ジュールズは、人気ファッションサイトの女社長。仕事と家庭の両立に悩む彼女にシニア・インターンのベンが最高の助言を与えていく。『セックス・アンド・ザ・シティ2』の衣装スタッフが手掛けた最新ファッションにも注目!

10月10日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開。監督/ナンシー・マイヤーズ 出演/アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロほか 配給/ワーナー・ブラザース映画

(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

記事制作 : dメニュー映画