女子の「あるある」がいっぱい! 頑張る女子のテンションが上がるデトックスムービー

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

あの『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが、ファッションサイトの社長に!

『プラダを着た悪魔』から9年、
今度はニューヨークのファッションECサイトの社長を演じます。

『マイ・インターン』

家庭と仕事を両立する女子や、バリバリ働く女子が見ても面白い!

アン演じる、ジュールズは家庭を持ちながら何人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。ニューヨークの高級物件に住み、インテリアはオシャレで可愛いし、一人娘もいる。

華やかで誰もが憧れるそんなジュールズの生き方ですが、ママ友の嫌味にストレスを感じたり、実母の電話攻撃にうんざりする。
働くママが感じるストレスや、会社内での仕事っぷりに共感を覚える女性も多い?

仕事終わりに、映画館によってまた明日からも頑張ろうと思えるそんな映画です。 (私は、友達とこの映画の感想を言いながら、ビールが飲んで、明日からも頑張ろうね!と言いたくなりました(笑))

実際どうなの?
アパレルで働く女子に聞いてみました!

「仕事楽しいの?」「映画見てどう思った?」アパレル業界で働く女子に聞いてみました!
『マイ・インターン』

Q:まず最初に映画を見た感想は?

A:もともと女性が明るく働く映画が好きで、よく見るのですが、この作品は見た後に元気がでるステキな映画だと思いました。

B:好きな映画TOP5に入るくらい『プラダを着た悪魔』が好きなんだけど、『プラダを着た悪魔』を見たときと同じように、スッキリした気分になる映画でした。仕事頑張らなきゃ。なんて(笑)

C:わかる!見ている間も、見終わった間も、「自分も仕事頑張らなきゃ!」って思ってたよね。ジュールズみたいに、いつもかわいく、きれいにしていられるか心配だけど。(笑)

『マイ・インターン』

Q:同じお洋服を扱うお仕事をしていて、あるある!というシーンはありましたか?

A:私は商品を発送するスタッフに、ジュールズが梱包方法をレクチャーしているシーンがいいな!と思いました。自分たちも送る側だから、開けたときのことを想像して、受け取った人が喜んでくれるといいなって思うよね。それを見本を見せてレクチャーするなんて、人間味があってステキな人だなって思ったの。

C:私も!洋服が好きで、好きを仕事にしているからだけど、いつも仕事のことばかり考えちゃうところとかも、「わかる!」と思ったし。商品に、仕事に愛があるから、こだわりたくなっちゃうんだよね。

B:スタッフの意見を聞いて、その意見を取り入れようとする感じも好感が持てたよね。一人よがりになると、「お客様視点」で考えられなくなっちゃうから、みんなで意見出し合うとかステキな職場だよね。

Q:一緒に働くスタッフってどんな感じ?

C:女性向けのブランドだから、ほぼスタッフは女性だよね。ワイワイ明るい職場です。

B:男性は少ないよね。特に、デニーロみたいな年配の男性とかはあったことがないね(笑)。でもいたら、ジュールズと同じように、アドバイスがすごい助けになるんだろうな~、いいな~って思っちゃった。

C:そうだね、聞いてもらうだけでもいいよね。
聞いてもらえば、応援されているようで、気持ちが軽くなるもん。ジュールズもだけど、一人で抱えがちなことも、自然と解決の方向に誘導してくれるというか・・・。スムーズに仕事が進みそうな気がする。

『マイ・インターン』

Q:ジュールズは働きづめだったけど、勤務時間って長いの?

C:好きだから、ついつい時間を忘れて仕事に没頭しちゃうことはあるよね。

A:私はジュールズと同じように、子供がいるので、最初のうちは会社を一歩出たら、意識して仕事を考えないようにしてた。最近は、子どもの時間を優先にできるようになってきたかな?

B:余裕がないと、自分のこと後回しになっちゃうから・・・。映画の中のジュールズは、いつもファッショナブルで、ステキだったね。オシャレして仕事すると、モチベーションアップにもつながるから、やりたいなぁとは思うんだけど、あそこまでは無理かも(笑)。

A:お客さまからどう見えるかな?とか、一緒に働く仲間からどう見えるかな?とかは、やっぱり気にしちゃうよね。「あ!今日こんな格好してきちゃった!」と反省することもあるもん。

全員:あるある(笑)

『マイ・インターン』

Q:女性ばかりの職場って?

A:みんな仲良くワイワイやってるけど、女の子って真面目な子が多いから、ついつい自分の仕事に熱くなっちゃうこともあるから、そんなとき男子がいるといいなって思うかな。

B:そうだね。仲裁役というか。話を整理してくれる人というか。売り上げでの競争とかはないから、ぶつかることも少ないけどね。

C:みなさんは売り上げの競争が熾烈なんでしょ?とか思うとは思いますが(笑)、売り上げというより、どんなものを売っていくべきかとかでぶつかるよね。

A:ジュールズの会社同様、思ってるよりドロドロしてないんです(笑)。

『マイ・インターン』

Q:誰にオススメしたい?

A:女の子なら、誰でも、どこか共感できるんじゃないかな。

C:見ていて元気になるから、今仕事で悩んでいる人とか見ると、「明日も頑張ろう」って思うんじゃないかなって。失敗しちゃった後の週末とかに見ると、心に沁みそう。

B:仕事始めて、分岐点というか、悩み始めの女の子に見てもらうといいかも。いろいろ働き方はあるんだよって、思ってみるのがいいんじゃないかな?

■今回ご協力いただいたみなさま
Daikanyama select shop
minoriTY-fun

詳しい情報はこちら


※最大10MBです。大容量のパケット通信料となりますため、ご注意ください。

『マイ・インターン』
10月10日(土)全国ロードショー
(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

記事制作 : CinemaGene(外部サイト)