祝福とプレゼントをシャワーのように浴びる素敵なパーティの開き方

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

文=ロサンゼルス在住ライター 町田雪

『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』
『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』
© 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

パーティの主役が積極的に企画に参加するアメリカ。渡米したての頃は、そのあまりにも合理的な仕組みに尻込みしたものだが、慣れてみると、なかなか自然でステキな慣習だと思えるように。日本では、まだそれほどなじみのないアメリカ式お祝い行事と、それにまつわる映画を紹介してみたい。

まずウェディングシャワーやベビーシャワー。ウェディングシャワーとは結婚間近な女性を、ベビーシャワーとは安定期に入った女性を、友人や親戚がお祝いするパーティのことだが、そもそも“シャワー”という言葉には“降り注ぐ”という意味がある。結婚式で新郎新婦の豊かで愛に満ちた前途を祝する、ライスシャワーやフラワーシャワーといったお祝い行為にも使われる言葉だが、祝福の気持ちにプラスして、プレゼントやアドバイス、エンタテインメントもわんさか降り注がせるのが、アメリカ式シャワーだ。

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』
© 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

結婚をひかえた花嫁を囲むウェディングシャワーでは、女同士の思い出話に花を咲かせ、ときにはマリッジ・ブルーを共有し、そしてプレゼントを贈る。花嫁にとってはとても嬉しい儀式だが、この仕切りを誰に依頼するかという点は、なかなかトリッキーである。誰もが認める親友が1人の場合は迷いなしだが、幼なじみ、学生時代、職場などにそれぞれ親友がいる場合、誰に依頼するのか、はたまた、誰が名乗りをあげるのかというところは、女性同士だけにスムーズにいかないことも。そのあたりの事情を大げさにコメディに仕立てた『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』が、女性向けR指定映画として『セックス・アンド・ザ・シティ』の記録を抜くほどに共感されるのも無理はないのだ。

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
© 2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

ちなみに、女性がおしゃれにウェディングシャワーをたしなむ一方で、男性は独身最後のはっちゃけパーティに出かける。いわゆるバチェラー・パーティだ。家庭に入れば、ここまで弾けることもできまいと、ラスベガスで親友3人と泥酔し、取り返しのつかない事態に陥る花婿と悪友たちを描いた『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』も、2009年に大ヒット。R指定コメディ映画としては史上最高の興行収入を稼ぎ、ブラッドリー・クーパー、ザック・ガリフィアナキスという実力派スターを生んだ。

次に、出産をひかえた妊婦を囲むベビーシャワー。出産予定日の1~2カ月前に行われ、子育てのアドバイスや出産への期待と不安を分かち合いながら、いくつかのゲームをし、プレゼントを贈る。このプレゼントは、ゲストがサプライズで思い思いの品を用意することもあるが、多くの場合、お祝いされる側が先にプレゼントして欲しいものをリストアップしておく〈レジストリ〉というシステムが活用される。ウェディングシャワーなら、家具店や百貨店、雑貨ストアやAmazonなどに、ベビーシャワーなら子どもブランド、赤ちゃん用品店、玩具店、量販店などのオンラインショップに、花嫁や妊婦が事前に“欲しいものリスト”を登録、ゲストはそのリストなかからプレゼントしたいものを選ぶのだ。必ず喜んでもらえる品を、他のゲストと重複することなく渡せる点で、とても合理的である。ベビーレジストリには、オムツやオムツかぶれクリーム、粉ミルクなど、普通ならプレゼントとして選ばなそうなアイテムだが、どの妊婦も必ず欲しいアイテムも並ぶ。オムツをデコレーション・ケーキ風に重ね、おしゃぶりやよだれかけで飾りつけする“ダイパー・ケーキ(オムツ・ケーキ)”も、プレゼントの定番だ。

『恋愛だけじゃダメかしら?』
『恋愛だけじゃダメかしら?』
© 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC. All rights reserved.

ベビーシャワーをめぐっては、最近、妊娠続きのカーダシアン一家の豪華なパーティ・アイデアが紹介されることが多いが、過去には、ニコール・リッチーのチャリティ・シャワー(ギフトの代わりにドネーションを募るもの)、シェリル・クロウのエコ・フレンドリー・シャワー(料理やドリンクはすべてオーガニック。使い捨てプレートやフォークの代わりに本物の食器を使い、ギフトもラッピングペーパーではなくブランケットや布おむつで包んでもらうというもの)など、「モノではなくココロを」重視するパーティも印象的だった。キャメロン・ディアスとジェニファー・ロペス共演で5組のプレママ&パパ・カップルの喜怒哀楽を描いた『恋愛だけじゃダメかしら?』では、ベビーシャワーにまつわるバトルが描かれている。

最後に、自分または身内主催の誕生日パーティについて。日本では友達や恋人が「おめでとう!」の気持ちを込めてサプライズで行うイメージがあるが、アメリカでは「一緒に祝って!」と主役が周りを招待してパーティを開くことが多い(もちろん、サプライズもあるが)。

数々のお誕生日パーティのなかでも、いろいろな意味で衝撃的だったのは、ビバリーヒルズに豪邸を構える億万長者セレブのご子息の1歳のお誕生日パーティ。豪邸の前に車を止めると『マトリックス』に出てきそうな黒服&サングラスの駐車係の男性たち10人ほどに出迎えられ、門をくぐると巨大なバルーンゲートが登場。これまたくぐると、広い芝生の庭は、カウボーイをテーマとした遊園地と化していた。コインを入れなくとも動くミニトレインが走り、カラフルなテントのなかでは自分だけのぬいぐるみを作ることができ、かわいいお姉さんたちが並ぶテーブルでは、子どもの顔ほどもある巨大クッキーに色とりどりのトッピングでデコレーションをすることができる。キャンディ・テーブル(色とりどりのキャンディが食べ放題)やポップコーン・マシーン(作り放題)、アイスクリーム・カート(勝手に開けて食べ放題)、ホットドッグやハンバーガーのビュッフェなどが、楽しい雰囲気を演出していた。

セレブなお誕生日パーティ
ビバリーヒルズのセレブのご子息1歳のお誕生日パーティ

しばらくすると、エルモやクッキーモンスター、ビッグバードら「セサミストリート」のキャラクターたちが登場してダンスを始め、その後はテレビに出てきそうなピエロが登場して手品を見せてくれた。肝心の主役はパーティの間中、お昼寝をしており、バースデイソングを歌う時間に無理矢理起こされたものの、目ボケ眼のまま、また部屋へと消えていった。数百万円はかかっていると思われる1歳の男の子のパーティ(ついつい計算してしまう職業柄・・・)。親のネットワーキング、エンタテインメント性に満ちたイベント・プランニング、ゲストのファッションなど、あらゆる点で、ハリウッド・ビジネスの匂いを存分に感じるパーティだった。

セレブなお誕生日パーティ
豪邸がまるでテーマパークのようになったバースデイパーティ

スケールもアイデアも豊富な、アメリカにおけるシャワー&パーティのアイデア。文化や風土の違いはあれど、日本に浸透する日も近いかもしれない。

『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』

『ブライズメイド 史上最悪のウェディングプラン』
Blu-ray(1886円+税)&DVD(1429円+税)販売中!
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

© 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ハングオーバー』

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
Blu-ray価格:2381円+税/DVD価格:1429円+税
発売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

© 2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

恋愛だけじゃダメかしら?』

『恋愛だけじゃダメかしら?』DVD
TSUTAYAでDVDレンタル中
DVD(3990円税込)販売中!
発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル販売元:ハピネット

© 2012 Lions Gate Films Inc. and Alcon Entertainment, LLC. All rights reserved.

記事制作 : Avanti Press(外部サイト)