『ヴィジット』公開記念! シャマラン、カムバック!衝(笑)撃のサスペンス8選

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

『ヴィジット』公開記念! シャマラン、カムバック!衝(笑)撃のサスペンス8選

別にシャマランでなくとも良かったのでは? と思わせるSFスペクタクル『アフター・アース』やファミリー向けファンタジー『エアベンダー』などで近年はすっかりラジー賞ノミネートの常連となったM・ナイト・シャマラン監督。でも、そもそも彼のトレードマークと言えば、『サイン』を筆頭に、「笑いと恐怖が混在する世界観」と「衝撃のラスト」。そんな彼が、初の海外ドラマ進出作「ウェイワード・パインズ 出口のない街」やスリラー『ヴィジット』で十八番のサスペンスに回帰! いい意味でも悪い意味でも大風呂敷を広げたシャマラン流サスペンス術を振り返ります!

『シックス・センス』(1999)

謎:なぜ少年の周りに幽霊が現れるのか?
小児精神科医マルコム(ブルース・ウィリス)に、誰にも語ることのなかった秘密を打ち明けた少年コール(ハーレイ・ジョエル・オスメント)。それは「死んだ人が見える」こと。彼いわく、「おなかの奥がぎゅっと締め付けられるような」「首筋がぞくっとする」「寒気がする」「腕の毛が逆立つような」感覚がしたときは、“彼ら”がいる証拠だという。コールの体には無数の傷があり、“彼ら”が「自分をいじめる」と訴えるコールだが、“彼ら”の目的は一体何なのか? ホラー作品でありながら、意外にも幽霊が登場するのは55分を過ぎてからというところにもシャマランのこだわりが感じられる。

ドッキリ映像:嘔吐する幽霊
マルコムの導きによって、“彼ら”の声に耳を傾ける決意をするコールだったが、早速彼の前に現れたのは苦しそうに何かを訴え掛ける少女の霊。幽霊というだけでも怖いのに、「嘔吐」って怖過ぎ……。それでも、恐る恐る「何か言いたいことがあるの?」と彼女の望みをかなえようとするコールがけなげだ。演じているのは、海外ドラマ「The OC」でブレイクする前のミーシャ・バートン。

【衝撃のラスト】予測率10%
「どんでん返し」「衝撃のラスト」の代名詞になったほどの、予測不可能かつあまりにも悲しい結末。DVD(ブルーレイ)には冒頭、この作品にはある秘密があるため、映画をまだ観ていない人には明かさないでほしいという注意書きが。このラストを知ったうえで、コール、マルコム、彼らを見ているわれわれ、の3つの視点から作品を見返すとまた新たな発見があるはず。赤い風船、赤いドアノブ、赤いテント……など「赤」も重要な伏線。

シックス・センス
Buena Vista/Photofest / ゲッティ イメージズ

『アンブレイカブル』(2000)

謎:主人公が不死身の肉体を持つ理由は?
列車衝突事故が発生し、乗員・乗客132人で唯一の生存者となったスタジアムの警備員デヴィッド(ブルース・ウィリス)。まもなく、「あなたは今までの人生で何日病気にかかりましたか?」という謎のメッセージが彼の元に届いたことから、デヴィッドは病気どころか風邪の覚えもないことに気付き不安に駆られる。やがてメッセージの送り主が判明し、漫画コレクター・ギャラリーのオーナー、イライジャ・プライス(サミュエル・L・ジャクソン)を訪れる。彼は、デヴィッドとは対照的に生まれつき骨形成不全症という難病を患っており、ケガの絶えない人生に苦しんでいた。イライジャはデヴィッドを探し続けていたこと、そしてデヴィッドには使命があると告げる……。ストーリーが進み、デヴィッドがヒーローであることがわかってくるにつれ、ある時点からアメコミで使われているような原色を画面の中に取り入れているのだという。

ドッキリ映像:「一発だけでいいから!」と父に銃を向ける息子
160キロの重量上げに成功した父の超人ぶりにショックを受けた息子ジョセフ(スペンサー・トリート・クラーク)は、ついに父の不死身を証明すべく銃を向ける……。「一発だけでいいから!」とすごむジョセフと、「もしおまえの言う通り弾丸を跳ね返したとしても、そのあとすぐにこの家を出ていく。せっかくおまえと友達になれたと思ったのに!」とジョセフを戒めるデヴィッド。キッチンの狭い空間で繰り広げられる父と子の攻防戦は、ある意味ラストよりも衝撃的。本作には、1テイクで撮ったシーンが30か所以上あるそうで、ブルースいわく「失敗が許されないから現場はひどく緊張した」らしい。

【衝撃のラスト】予測率5%
印象の強烈さで言えば『シックス・センス』の方が上かもしれないが、予測のつかなさではこちらが上。シャマラン監督は「テレビの『ミステリー・ゾーン』(1960年代にアメリカではやったオカルト番組)のような驚きの結末を狙ったのかもしれない。こういうラストを作ると、次の作品はどうかと常に取りざたされるだろうけど観客を驚かせるエンディングを作るのは楽しい経験」と満足している様子。

アンブレイカブル
Buena Vista / Photofest / ゲッティ イメージズ

『サイン』(2002)

謎:トウモロコシ畑に刻まれた謎の暗号…“彼ら”の目的は?
ある朝、目覚めると元牧師のグラハム(メル・ギブソン)一家のトウモロコシ畑に巨大なミステリー・サークルが出現。2匹の飼い犬のうち1匹は長男モーガン(ロリー・カルキン)とその妹ボー(アビゲイル・ブレスリン)に襲い掛かり、もう1匹にも異変が。やがて、そのサークルが世界各地に現れていることが明らかになっていく。ある説によると「それは、UFOを誘導するためのサイン」というが……。自分の作品にカメオ出演することの多いシャマランが、居眠り運転でグラハムの妻を死なせてしまう獣医役で出演。グラハムに「やつらにも弱点がある」と伝えるなど重要な役割を担っている。

ドッキリ映像:ニュース映像で映される宇宙人
世界各地でのUFOの飛来や宇宙人の目撃情報がニュースで報道される中、スペインで少年の誕生日パーティーが行われた際に偶然、宇宙人の姿が捉えられたという。番組のキャスターが「警告しますが衝撃的です」と深刻な面持ちで注意を促した直後、緑、グレーのような「明らかに人ではない」生物が一瞬、カメラを横切る。パニックに陥る子供たちの絶叫も相まって、心拍数は急上昇! のちに、“彼ら”は風景と同化する皮膚、毒素を分泌する性質を持っていることがわかる。

【衝撃のラスト】予測率0%
公開当時、大いに話題になった、グラハムの亡き妻が遺した言葉「見て」「打って」の意味が明かされるラスト。宇宙人襲撃に直面した一家の危機に、この言葉が思いがけない効果をもたらす仕掛けになっている。幼いころから水に敏感で家中に水の入ったコップを置く妹、ぜんそくを患う長男……。「そんなバカな……」とツッコミを入れたくなる人もいると思うが、全編に張り巡らされた伏線が一気に回収されていくさまは痛快&爽快だ。宇宙人襲来という壮大なテーマを扱いながら、ほとんどの出来事がこの家屋で起きるという設定が、作品に圧倒的リアリティーをもたらしている。

サイン
Buena Vista Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

『ヴィレッジ』(2004)

謎:なぜ村を出てはいけないのか?
1897年のペンシルヴァニア州を舞台に、「その森に入ってはならない」「不吉な赤い色を、封印せよ」「警告の鐘に、注意せよ」という3つのおきてのもと、ひっそりと暮らす村人たち。森には“赤い怪物”が棲むという言い伝えがあり、ある日皮をはがれた無数の動物の死体が出現したことから、村には不穏な空気が流れ始める。そんな中、盲目の女性アイヴィー(ブライス・ダラス・ハワード)と婚約したルシアス(ホアキン・フェニックス)に嫉妬したノア(エイドリアン・ブロディ)がルシアスに重傷を負わせてしまう。アイヴィーは彼を救うために長年守られていたタブーを犯し、村を出て森を越える決意をする……。『シックス・センス』や『サイン』にも部分的にロマンスを取り入れているが、本作ではストーリーそのものをロマンスにしている。アイヴィーの父役ウィリアム・ハート、ルシアスの母役シガーニー・ウィーヴァーら豪華キャストが集結。

ドッキリ映像:ヒロインの行く手を阻む“赤い怪物”
瀕死のルシアスを救うべく薬を手に入れるため、禁断の森へと足を踏み入れたアイヴィー。赤い実があたり一面を赤く染める不穏な空気のなか、先を急ぐアイヴィーは、何やら邪悪な気配を悟る。彼女の背後に現れたのは、村人たちから恐れられていたあの“赤い怪物”。しかし、旅立つ前にアイヴィーの父によってその正体は明かされており、その話が確かならばここにいるはずがない。なぜ、怪物はアイヴィーを追うのか……? 本作では「赤」と「黄」の2色が基調となっているが、シャマラン監督はその理由を「心理的なものだよ。もし部屋が赤ければ、人間は攻撃的になる。黄色だったら、落ち着いて幸福になる。そういう反応があるんだよ。大学時代に心理学のクラスをたくさん取っていて、そのとき知ったんだ」としている。

【衝撃のラスト】予測率20%
薬を手に入れるために恐怖に打ち勝ち、試練を乗り越えて村の外に出たアイヴィーが遭遇した青年は、アイヴィーのボロボロの成りを見て「どこからやって来たのか」といぶかしがる。しかし、「一刻も早くここに書かれた薬がほしい」と懸命に訴えるアイヴィーの熱意に押された青年は、彼女のためにこっそり薬を入手する……。盲目のアイヴィーに見えないその世界は、一体何だったのか……? 全ての秘密は、村人の各家に保管されている「箱」に封じられている。

ヴィレッジ
Touchstone / Photofest / ゲッティ イメージズ

『レディ・イン・ザ・ウォーター』(2006)

謎:“彼女”は何のために人間界に現れたのか?
フィラデルフィア郊外のアパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)は、ある晩プールでストーリーと名乗る謎の美女(ブライス・ダラス・ハワード)に遭遇。アパートに住む韓国人の女子大生が、曽祖母から聞いた東洋のおとぎ話によると、彼女はブルー・ワールドからやって来た精霊の女王マダム・ナーフであり、元の世界に帰すには邪悪な魔物スクラントから守り、大鷲グレート・イートロンに委ねること。そのためにはメッセージを読み解き、解決策を導き出す記号論者、魔物を退治する守護者、彼女の帰還を助ける複数の職人、彼女のケガや病を治す治癒者を探し出す必要があるという。彼女は、ある使命のためにやって来たというが、その使命とは……。

ドッキリ映像:猛獣をフルボッコする精霊界の番人トリオ
ストーリーの帰還のために、重要なのが猛獣スクラントから彼女を守る「猿に似た生き物」だという番人タルタティック。クライマックスにトリオで現れるのだが、そのビジュアルが衝(笑)撃的……! 3匹でスクラントをボコボコにした揚げ句、マッハの速さで連れ去っていくという急展開にあっけにとられ、安堵するというより狐につままれたような印象。もったいぶったかいあって、出番は少ないながら登場人物の中でぶっちぎりの存在感。

【衝撃のラスト】予測率10%
クリーブランドはストーリーをブルー・ワールドに帰すため、アパートの住人たちの中からおとぎ話に登場する役割を担う人物を探し出そうとするものの、そうだと思っていた人物が的外れだったりと、「その時」が刻一刻と迫る中、事態は切迫していく。スクラントが迫りくる中、対抗する守護者は予想だにしなかったあの人だった……! という意外な展開はもちろん、ストーリーのためにアパートの住人たちが一致団結する大団円が見もの。シャマラン監督は「毎晩、娘たちに読み聞かせているベッドタイム・ストーリーから着想を得た」と本作が生まれたきっかけを語っているが、アパートの住人の一人がスクラントの餌食になったりと割と血なまぐさい描写もあり、あくまで大人向けの趣向となっている。

レディ・イン・ザ・ウォーター
Warner Bros./Photofest / ゲッティ イメージズ

『ハプニング』(2008)

謎:人々が次々と自殺していく怪現象の原因は?
「第一段階は言語の喪失」「第二段階では方向感覚の喪失」「第三段階は『死』」。朝のニューヨーク・セントラルパークで突如若い女性が髪飾りで自らの首を突き刺し、自殺したのを皮切りに、とある工事現場では作業員たちが次々と飛び降り自殺。怪現象はあっという間にアメリカ東部全域へと広がっていく。「ウイルスか?」とさまざまな憶測が飛び交うなか、科学教師のエリオット(マーク・ウォールバーグ)と妻アルマ(ゾーイ・デシャネル)は、消息の途絶えた妻を捜しに向かった同僚教師ジュリアン(ジョン・レグイザモ)の娘ジェス(アシュリン・サンチェス)を連れて、終わりなき逃亡の旅に出る。終末的な世界観を、しかしユーモアを交えて描いた本作に対し、シャマラン監督はアルフレッド・ヒッチコックやジョージ・A・ロメロの影響を明かすとともに、「B級映画路線を狙っているんだ。確かにふざけているような設定やシーンはあるけれど、話が進んでいくうちにそれが恐怖感へと変わっていくんだ」と語っている。

ドッキリ映像:家屋の周辺を頭突きして回る老女
行動を共にしていた2人の少年は助けを求めた家屋の住人にあっけなく撃ち殺され、立ち寄った町のレストランのテレビではライオンに腕を食いちぎられる男性が映し出され、精神的に追い詰められていくエリオットとアルマ。食糧もなく立ち往生していたところ、自給自足の生活を送る老女に助けられる。食事をとり、つかの間の休息に安らぐ3人だったが、ふいに老女に異変が。庭で逆方向歩きを始めたと思ったら家屋を頭突きして回り、血まみれの姿にエリオットも絶句……!

【衝撃のラスト】予測率30%
エリオットとアルマの生死については見当がついたとしても、怪現象の理由についてエリオットが立てる仮説にはふに落ちない人もいるかもしれない。冒頭、エリオットが生徒に「アメリカ全土からミツバチの姿が消えた。なぜか?」という問いを投げかけた際に、ある生徒が「自然界のことは、完全にはわからない」と答えるシーンがあり、この言葉がある意味この映画の答えになっているようにも思えるが、環境問題を訴えるメッセージなど社会的背景を鑑みたとしても、●●が意志を持ち人間に復讐(ふくしゅう)するという事実はあまりにも荒唐無稽であり、身もふたもないオチということで賛否が巻き起こった。

ハプニング
20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

「ウェイワード・パインズ 出口のない街」(2015)

謎:なぜ街を出てはいけないのか?
2013年International Thriller Writer’s Thriller Awardノミネートの米国ベストセラー小説「Pines」を原作に、シャマランが製作総指揮&監督を務めた初の海外ドラマ(監督はエピソード1のみ)。主人公のシークレット・サービス捜査官イーサン(マット・ディロン)が失踪した2人の同僚を捜索する最中に「ウェイワード・パインズ」という街に差しかかり交通事故に遭う。なぜかイーサンはIDや所持品も失い、家族や職場など連絡網が絶たれてしまい袋小路に陥る。医者のピルチャー(トビー・ジョーンズ)、その妹の看護師パム(メリッサ・レオ)、保安官ポープ(テレンス・ハワード)らが牛耳るその街には、いたるところに監視カメラが設置されており、「街の外に出ない」「過去については語らない」「電話が鳴ったら必ず応答する」という3つのルールが定められていた。やがて失踪していた仲間の一人であるケイト(カーラ・グギーノ)を見つけ出すが、彼女は自分のことなど知らないと言い“別人”として生きていた……。

ドッキリ映像:人類の“進化”した姿
いくら車を走らせても街の入り口に戻ってきてしまう。「なぜ街から出てはいけないのか、外には何があるのか」と訴えるも、誰にもとりあってもらえず孤立無援に陥るイーサンは、唯一自分を救ってくれたビバリー(ジュリエット・ルイス)、何かに怯えた様子のケイトらに接触しながら、脱出の方法を探る。そんな矢先、妻テレサ(シャニン・ソサモン)、息子ベン(チャーリー・ターハン)が彼を追ってやって来る……とここまではイーサンから見た街の不気味な住人たちの人間模様がメインになっているが、第5話で衝撃の急展開が! そして、イーサンが目にした謎の生命体。ピルチャーいわく、ソレは「人類が進化したモノ」だというが……。

【衝撃のラスト】予測率10%
街を囲っていたフェンスが爆破され、命の危険が迫る街の人々。イーサンらはテレサが探し当てた地下施設“33区画”に避難するが……。生き残るのは権力にとらわれ暴走するピルチャーなのか、監視や処刑のない平和な街を目指すイーサンらなのか、それとも……。前半は「ツイン・ピークス」を思わせる街の腐敗やタブーを浮き彫りにするミステリー仕立て、後半で「ウォーキング・デッド」を思わせるサバイバル劇へと変貌。予測を裏切る急展開の連続にハラハラしどおし!

ウェイワード・パインズ 出口のない街
Fox Network/Photofest / ゲッティ イメージズ

『ヴィジット』(2015)

謎:なぜ、夜の9時半を過ぎると部屋から出てはいけないのか
両親が離婚したショックから立ち直るため、休暇を祖父母とともに過ごすことになった15歳の少女ベッカと、13歳の弟タイラーの顛末を描いた絶叫スリラー。祖父母の元で過ごす1週間をハンディカメラで記録し、映画製作を計画する好奇心旺盛なベッカと、ラップに夢中の元気いっぱいなタイラー。母親が離婚した父親と駆け落ちして以来、絶縁状態になっていた祖母だが、祖母はおいしいケーキやクッキー、パイで姉弟をもてなし、祖父も温かく歓迎。姉弟は至福のひとときに安らぐ……はずが、悪夢のような惨劇に見舞われるハメに。全編、手持ちカメラで撮影を敢行し、ベッカとタイラー、2人の視点で物語が語られる設定が利いており、ベッカの提案でしばしば互いに「インタビュー」を行う中で、それぞれのトラウマやコンプレックスが浮かび上がり、それが伏線となる構成もお見事。

ドッキリ映像:四つんばいで追い掛けてくる“優しい”おばあちゃん
大体、祖父母というと一般的に「優しいイメージ」を思い浮かべるもので、それが脅威になるという設定だけで十分怖い。夜中にクッキーを取りにキッチンに向かったベッカが目にしたのは、嘔吐しながら歩き回る祖母の姿。離れの小屋には祖父の使用済みのオムツが山積みになっており、明らかに祖父母の様子がおかしい。祖母がキッチンでベッカにオーブンの中に入って掃除をしてほしいと頼むシーンは「ヘンゼルとグレーテル」の魔女を彷彿とさせてゾッとさせられ、極めつけは軒下でのかくれんぼ。髪を振り乱し、四つんばいで「見ぃ~つけた!」とすさまじいスピードで姉弟に追い掛け回す祖母の姿には思わず絶叫!

【衝撃のラスト】予測可能率10%
認知症を疑う姉弟だが、祖父母の奇行は増々エスカレート。リビングに仕掛けた隠しカメラが捉えた、ある決定的な映像に戦慄した二人はついに母親にSOSを求める。しかし、二人は母親から思いもよらぬ事実を告げられる……! 優しかったはずの祖父母が豹変した秘密とは……? 恐怖と笑いが紙一重の世界観は健在で、特に『サイン』フリークはニヤリとさせられるはず。

ヴィジット
(C) Universal Pictures

(文・構成:編集部 石井百合子)

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)