ここまでやるか!? 「進撃の巨人」タイアップの節操の無さ

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る


この夏に実写映画化され人気沸騰中の「進撃の巨人」。漫画からスタートし、今までもアニメ化やノベライズ、その他さまざまなメディアミックス展開をしてきた作品ではありましたが、今回の実写映画化に際しては、あまりにも作品イメージとかけ離れたタイアップやコラボレーションを実施して、ファンからも賛否両論、大きな話題となっております。 今回はそんな「あまりにもやり過ぎ」なものも含め、「進撃の巨人」プロモーションで行ったタイアップやコラボレーションをご紹介しましょう。

まずは普通のタイアップ作品から…

●スバル「フォレスター」(自動車)
実写版映画の監督、樋口真嗣氏が手掛けたCM。突然現れた巨人から上手く逃れながら悪路を走破するシーンが話題となりました。SUV車のCMとしては効果的ですよね
●リアル脱出ゲーム「ある城塞都市からの脱出」
人気の「リアル脱出ゲーム」とのコラボレーションとして、この春から全国で展開。参加者が訓練兵となって城塞から脱出するというリアル脱出ゲームだそうです。たしかに良い企画のような気がしますね。
●セブンイレブンでのキャンペーン
こちらも良くあるキャンペーンでのコラボレーション。対象商品を買ってプレゼントをゲットというもの。キャンペーン画像のイメージ的にも特にひどいものではありませんでした

一方、キャラ崩壊がひどいコラボレーション・タイアップ展開

●ほっかほっか亭でオリジナル弁当発売!
「進撃の巨人」をイメージしたという弁当を3月に発売。巨人をイメージしたタルタルチキンなど、かなりこじつけが強い内容の弁当。キャンペーンポスターは巨人がその弁当を箸で食べようとしている絵に。原作者は許可を出したのでしょうか?
●ピザハットとのコラボ企画
こちらも商品を注文するとグッズが当たるという企画。企画的には良くあるものですが、ポスターがすごい。ピザを食べようとしている巨人に主要キャラが「ちょっと待った!」的に飛びかかろうとしている画像を使用。巨人も主要キャラもイメージ崩壊度がハンパないです。
●カラオケ「ビックエコー」では安易なドリンクが…
カラオケの「ビックエコー」では、コラボドリンクとして、「大型巨人ドリンク」が登場。その内容は、単純に高さ21cmのメガジョッキを使ったソフトドリンクメニュー。こんなので良いのでしょうか…
●バイト探しの「an」では「親戚の巨人」大募集企画が!
単なるダジャレでしょうか?アルバイト関連の「an」が、親戚にいる巨人を推薦してくださいという企画を展開。その推薦された方が出演したスペシャルムービーを制作するとのことでした。実際に応募者がいたのでしょうか?気になる方はこちら→
http://weban.jp/contents/c/shingeki_pc/
●ローソンの夏のコラボ企画では…主要キャラが浴衣を着て夏祭り満喫
夏のローソンのキャンペーン企画のポスターでは主要キャラが、なんと浴衣を着用してローソンで買い物中。店の後方では、それを覗きこむ巨人が…もはや「世界観」「キャラのイメージ」などおかまいなしのようです。
●参天製薬「サンテ目薬シリーズ」とのタイアップ。あのキャラクターが目薬を…
「キター!」で有名なサンテ目薬ともタイアップ。「エレンモデル」「リヴァイモデル」の二種類の目薬を発売。宣伝ポスターではこれらキャラクターが目薬を持って「キター!」と叫んでます。
●マイナビとのタイアップでは…
「接客バイト兵団」ということで、ポイントを集めてオリジナルグッズをもらえるキャンペーンのようです。こちらもポスターがひどい状況で、主要キャラが、カフェでバイトしていたり、コンビニやファミレスでバイトしている画像が登場。何でもアリにも程があると思うのですが…
●危険ドラッグ撲滅キャンペーンとのコラボ
もちろんこれらの啓蒙活動にティーンに人気のキャラを登場させることに異論はありませんが…巨人が両手で「バツ」を作っている絵が採用されていました。「人類のみんなで、危険ドラッグと闘おう!」というキャッチまで。
いかがでしたか? まだまだありますが、今回はこれくらいに。もちろん巨人と言えば野球の読売巨人軍ということで、そのタイアップ企画では、主要キャラがジャイアンツのナインになって原作者が考えた打順も発表されていました。アニメのキャラなら文句を言わないということでしょうか?全くイメージ無視のコラボレーション。熱狂的なファンにとってはちょっと首をかしげてしまうようなものばかりでしたよね。
(ロックスター)

この記事で紹介している作品

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

記事制作 : dmenu映画