一番初めにデートで観た映画、覚えてる?

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る


デートで映画を観にいったことがある人は多いと思いますが、人生で初めての映画デートでなんの映画を観たか覚えているでしょうか? 「いつ・何を観たか」、そして「どんな恋愛模様だったのか」を聞いてみました。

アドベンチャー大作『ジュマンジ』

「中学3年のとき、初めてできた彼女に誘われて観にいったのは『ジュマンジ』。当時は女の子を前にして何を話していいかまったくわからなくて、手をつないだだけのピュアな恋愛で、よくわからないまま1ヵ月経ったら振られました。だから『ジュマンジ』には映画の内容と関係なく、ちょっと甘酸っぱい思い出があります」(35歳男性)
1995年に公開された『ジュマンジ』。ロビン・ウィリアムズ主演のアドベンチャー映画です。動物たちが、当時最先端だったCG技術を駆使して描かれ、その迫力ある映像は話題になりました。

ジュリア・ロバーツのあの出世作といえば…

「たしか高校3年生のとき、当時の彼と『プリティ・ウーマン』を観にいきました。ジュリア・ロバーツはとにかく美しくて、ストーリーの良さもあいまってものすごく憧れたけど、なんといってもリチャード・ギアがセクシーでセクシーで、もう私の目がハートに。映画を観終わったあと、リチャード・ギアを絶賛して彼を嫉妬させてしまっていたのを覚えています」(43歳女性)
『プリティ・ウーマン』は1990年公開のロマンティック・コメディ。リチャード・ギアとジュリア・ロバーツの素敵な恋愛に憧れた女性は多かったのではないでしょうか。恋愛映画はデートにもってこいですよね。

SFアクションの話題作

「大学生になって初めて彼女ができて、『どこに行けばいいんだろう? 無難に映画がいいのかな』と思い、でもどんな映画を観ればいいかわからず、とりあえず話題になっている映画に誘った。それが『トランスフォーマー』。自分は大興奮だったんだけど、彼女にはあのメカメカしいかっこよさや男気、哀愁などがグッと来なかったみたいで、観終わったあと微妙な空気になってしまった」(27歳男性)
2007年に公開された『トランスフォーマー』はアニメ・コミックの実写映画で、大人気を誇るシリーズ作の第1作目になります。巨大なマシンが変形して戦うシーンは圧巻の一言に尽きますが、どちらかというと男の子心をダイレクトにくすぐるものだったのでしょうか。

鉄板名ジブリ作品

「中学2年生のとき、好きだった男の子を勇気を出して誘って『もののけ姫』を観にいった。内容は当時の私には複雑でよくわからなかった。観終わって、その男の子となんとなく『面白かったね』と感想を言い合ってその日はバイバイした。それ以降何も進展しないまま卒業してしまった。あの頃は若かった……」(32歳女性)
『もののけ姫』は1997年公開。当時の日本映画の興行記録を更新する大ヒットとなりました。スタジオジブリの作品は老若男女問わず観やすく、ファンも多くいます。この女性の場合はイマイチだったようですが、付き合う前のデートには誘いやすいのでは?

最恐ホラー映画

「高校に入って少し経ってからと記憶してますが、2対2のダブルデートで『リング』を観にいきました。私がホラー好きだったので、強くプッシュして……。4人とも恐怖のあまりしばらくはお風呂に入るのがこわくなったりしました。結局、私の友人はめでたく男の子の1人と付き合うことになりましたが、私ともう1人の男の子はいいお友達、という感じでした」(33歳女性)
『リング』は1998年に公開され、日本のホラー映画ブームの金字塔的作品となりました。作品内に登場する「貞子」のインパクトはあまりにも強烈で、作品を観ていない人でも彼女を知らない人は少ないのではないでしょうか。映画デートにホラーをチョイスして、こわさを共有するのも一興かも。
映画デートは、映画の内容だけでなく当時の恋愛模様もあわせて記憶に残ります。人生で最初の映画デートで観たあの作品を今もう一度観なおしてみれば、当時の思い出や感情がよみがえってきてちょっと甘酸っぱい気分に浸れるかも?しれませんね。
(藤井弘美+プレスラボ)

記事制作 : dmenu映画