この人の出演作なら見逃せないと思う男優

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る


どの映画を観るか、選ぶときの基準はいろいろありますが、今回注目したいのは出演する男優さん。「この人が出ている映画なら面白くないはずない!」という男優さんっていませんか? 巷の意見を集めてみました。

北野武

「北野武の、俳優としての存在感が大好き。出演作も胸にずっしりくるものが多くて私好み」(36歳男性)
自らの監督作品に出演することもある北野武さん。監督作品以外でも『御法度』『バトル・ロワイヤル』『血と骨』など数多くの出演作があります。バラエティで見せるのとはまったく違った顔を見せ、俳優としての底深さを感じさせます。

浅野忠信

「考えさせる作品の出演が多いので。どんな作品でも彼の演じ方や雰囲気をみるのが楽しみでもある。同性から見てセクシーだと思うので見習いたい」(24歳男性)
個性派俳優として地位を確立している浅野忠信さん。出演作にはその個性が遺憾なく発揮されています。デビューは『3年B組金八先生』で、外国映画にも精力的に出演していましたが、2011年公開の『マイティー・ソー』ではついにハリウッドデビュー。「日本発の個性派俳優」として、国内外でぜひこれからも活躍していってほしいですね。

ジェイソン・ステイサム

「この人が出る作品は、アクションが好きな人ならまず間違いなく楽しめると思う。『トランスポーター』(2003年日本公開)のときから好きだったが、『アドレナリン』(2007年日本公開)はすごくハマリ役で、彼のアクション映画がもっとたくさん観たくなった」(52歳男性)
ジェイソン・ステイサムさんの銀幕デビューは1998年、それまでは水泳選手やモデルをやっていてそうです。アクションシーンにはかなりのこだわりがあり、スタントなしで演じることも多いのだとか。アクション映画好きな人ならぜひチェックしてみては。

ジム・キャリー

「ジム・キャリーの出演作はコメディも面白いけど、特にドラマタッチなものが大好き。今まで必ず泣いてきたので、『私の確実な俳優さん』のひとり。脚本をきちんと選んで出ているのかなあと予想している」(26歳女性)
1994年の『マスク』がヒットし、コメディ俳優としての地位を不動のものとしたジム・キャリーさんですが、彼のドラマ作品にも定評があります。ゴールデングローブ主演男優賞の、ドラマとコメディ両部門を受賞しているところからもその才能の高さをうかがわせます。

ロバート・デ・ニーロ

「どんなジャンルを演じても超一流、この人は本当に俳優の中の俳優だと思う。『タクシードライバー』(1976年公開)や『ディア・ハンター』(1979年日本公開)を観て彼の出演作をよく観るようになり、今では彼がスクリーンに映っている姿を観るだけで満足、というくらい好き」(46歳女性)
徹底した役作りで知られるロバート・デ・ニーロさん。その真摯でおよそ他人には真似できないやり方は「デニーロ・アプローチ」と名付けられるほどです。その実力は折り紙つきで、アカデミー賞・ゴールデングローブ賞などの華やかな受賞歴があります。


「この男優さんならオールジャンルで面白い」と思える俳優や、「このジャンルならこの人!」と思える俳優は確実にいます。そんな男優の出演作から面白い映画を探してみるのもいいかもしれません。今回名前が挙がった男優さんの出演作をまだ観たことのない方は、ぜひチェックを!
(藤井弘美+プレスラボ)

記事制作 : dmenu映画