ファンがおすすめするジャニーズ出演映画

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る


先日開催された「第28回 東京国際映画祭」でも中島裕翔さん主演の「ピンクとグレー」、渋谷すばるさん主演の「味園ユニバース」の2作品が先行上映されるなど、今注目を集めるジャニーズ出演の映画。ジャニーズが出演する映画はこのほかにもたくさんあります。中でもジャニーズファンたちがおすすめするジャニーズ出演映画は、どんな映画なのでしょう? おすすめポイントを含め聞いてみました。

新宿少年探偵団(出演:相葉雅紀・松本潤/嵐、横山裕/関ジャニ∞)

「若い頃の彼らを見られるのがいい! 初々しい彼らの一生懸命な演技に思わず胸がキュンとさせられます」(29歳女性)
江戸川乱歩の明智小五郎シリーズに登場する「少年探偵団」を現代版にアレンジした太田忠司の同名小説が原作となる本作品。まさにティーンエイジャーのための、ちょっとノスタルジックな冒険活劇に仕上がっています。本編登場の3人+現在活躍中の面々など総勢25名がハワイでV6の「Can do! Can go!」を歌う特典映像もアリ!

NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(出演:香取慎吾/SMAP、知念侑李/Hey! Say! JUMP)

「香取君的な新しい解釈のハットリ君が良かった。ケンイチ役の知念君の密着番組をテレビでやっていて、それがすごく印象に残っています」(32歳女性)
藤子不二雄Aの人気コミックの実写映像化作品。最先端のVFXを使用したアクションや、香取慎吾のキャラクターを生かしたハットリ君の役柄は秀逸です。かっこよくてちょっと泣けて、ハリウッドのマーベルシリーズにも引けを取らない、エンターテインメント作品に仕上がっています。セル版DVDには、フジテレビ系列で放映されたドキュメント番組「NIN×NIN ケンイチ氏・知念侑李 400日の大冒険」の再編集版を収録。

人間失格(出演:生田斗真、森田剛/V6)

「お酒・女性・薬に溺れるダメ男を退廃的とさえ感じさせる生田斗真の魅力がスゴい。イケメン過ぎる!」(31歳女性)
太宰治の自叙伝的な同小説を生誕100周年記念作品として初めて映画化した本作。ジャニーズ所属ながら、俳優として活動する異色の存在でもある彼の初主演作品です。映画界の重鎮である荒戸監督から、「50年に一人の逸材」「ジャニーズへの評価が変わった」と言わしめるその美形っぷりと演技力には、彼のファンならずともきっと引きこまれるハズ……。また、原作小説にはない中原中也を演じるのは森田君。舞台をメインに活躍する彼の演技と役どころも必見です。

永遠の0(出演:岡田准一/V6、上田竜也/KAT-TUN)

「原作の良さはもちろんだがそれを抜きにしても名演だったと思う。素直に泣けた。」(42歳女性)
「全編を通して迫真の演技だった。特にラストシーンでの演技はとても素晴らしかった!」 (31歳男性)
この年の日本アカデミー賞8部門を受賞し、小説だけでなく映画もメガヒットとなった本作。岡田君はシリアスな作品からコメディ・時代劇・アクション・アニメの声優まで幅広くこなし、ジャニーズ最多の映画出演数を誇ります。この年、本作で日本アカデミー賞の主演男優賞を、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞をW受賞し、名実ともに役者としての地位を確立しました。また、新旧の名優が揃う中、役柄を勝ち取った上田君の演技にも注目です。

グラスホッパー(出演:生田斗真、山田涼介/Hey! Say! JUMP)

「生田斗真の安定感はもちろん、ジャニーズファンのひいき目ナシで、蝉役の山田涼介は良かった」(32歳女性)
140万部突破のミリオンヒットとなった同名小説を原作に、監督には『脳男』でも生田斗真とタッグを組んだ瀧本智行氏を迎えた本作。既に役者としての地位を確立している生田君はもちろんですが、今作でその演技力を高く評価されているのが山田君。これまでの作品では、明るく優しい役柄の多かった彼が、本作ではナイフを巧みに操る殺し屋の蝉役に挑戦。演技派揃いの豪華俳優陣の中でも、その演技は出色の出来!と観客のみならず、共演者からも絶賛されています。次世代のジャニーズ演技派として、山田君の役者としてのターニングポイントとなりそうな本作。クール&ビューティーな蝉サマに刺されてみたい女子が続出中とか!?
ジャニーズ出演と聞いて、アイドルありきの映画と思う人もいるかもしれません。でも、今やジャニーズ出演映画は昔の単なるアイドル映画ではありません。今回取り上げた作品をはじめ、まだまだジャニーズ出演の面白い映画はたくさんあります。ぜひあなたのお気に入りの一本を見つけてみてはいかがでしょうか?
(プレスラボ)

記事制作 : dmenu映画