スター・ウォーズをあまりにも好きになり過ぎて…最新作を観る前にオススメの関連映画

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

>> 『スター・ウォーズ』見放題!全シリーズを期間限定★一挙独占配信中!!

スター・ウォーズをあまりにも好きになり過ぎて…最新作を観る前にオススメの関連映画
※画像はイメージです

遂に最新作が公開されるスター・ウォーズ。1977年に初めての作品(ストーリー的にはエピソード4)が公開されて以来、まずエピソード7までの3部作が1983年に完結。その後時を経て1999年~2005年までの間にエピソード1~3が公開されました。すでにシリーズ最初の作品が公開されてから半世紀近く経っているのに、今回もまた熱狂の渦の中公開されることでしょう。
このスター・ウォーズシリーズ(ファンは「サーガ」と呼んでますが)。それだけ熱狂的なファン、オタクがいるため、彼らを題材にした映画も、これまでに多数公開されています。今回は最新作を観る前に絶対に見ておくべき、スターウォーズの熱狂的ファン・オタクを題材にした関連映画2作品ご紹介しましょう。

「ファンボーイズ」(2008年公開・アメリカ映画)

末期がんを宣告され「スター・ウォーズ エピソード1」公開まで生きられない友人のため、仲間たちが彼のために封切り前のフィルムを盗み出して彼に見せてあげようという珍道中を描いたハチャメチャコメディー作品。スター・ウォーズ初代3部作(エピソード4~7)を愛しすぎて、「エピソード1」に期待を膨らませ過ぎた当時のスター・ウォーズファンの心境をわかりやすく、おバカに描いている作品です。ハッピーエンドの後、夢をかなえた末期がんの友人の微妙な表情が印象的。人の命が題材になっている作品ですが、悲しみよりもスター・ウォーズ愛が溢れている作品となっているところがオススメポイント。実は今年7月、この「ファンボーイズ」のストーリーと同様に、余命宣告されたある男性の夢をかなえるため監督・出演者が協力して、結果的に公開前の映画を彼がみることができたという出来事も話題になりました。

「ザ・ピープルVSジョージ・ルーカス」(2010年公開・アメリカ映画)

スター・ウォーズを好きになり過ぎたために、それを創ったジョージ・ルーカスとファンたちとの対立を描いた爆笑ドキュメンタリー映画。「公開された作品は創造者自身のものか?それともファンのものか?」というスター・ウォーズのストーリー以上に壮大なテーマも。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナス」の公開前のファンたちの熱狂と鑑賞後の彼らの落胆を中心に、ジョージ・ルーカスへの盲目的な信仰と、作品へルーカスが行った行為への憎しみを描いている作品。愛するが上に憎しみが増大してしまうファン心理や、ファントムメナスが期待外れだったと思っている、世界各国の、初期からのスター・ウォーズファンの声を収録している。なんといってもエピソード1を見た後インタビューに答える熱狂的なファンの表情は見もの。

今回ご紹介した2作品は、共に「好きすぎて好きすぎて」という心理が根底にあり、スター・ウォーズのファンでなくても本当に楽しめるものになっています。最新作を観てみようという人は、ぜひこの2作品をご覧になって、最新作鑑賞後の下準備をしておくことをオススメします。

(ロックスター)

>> 『スター・ウォーズ』見放題!全シリーズを期間限定★一挙独占配信中!!

記事制作 : dメニュー映画