『orange−オレンジ−』 土屋太鳳&山崎賢人 インタビュー

インタビュー

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

原作と映画がシンクロする奇跡が起きた

『orange−オレンジ−』 土屋太鳳&山崎賢人 インタビュー

未来の自分から手紙が届くというファンタジックな展開の人気コミックを、NHK連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳と山崎賢人で実写化! ヒロインの女子校生・高宮菜穂を演じた土屋と、転校生・成瀬翔を演じた山崎が、作品への思いを語り合った。

映画『orange−オレンジ−』は12月12日より全国公開

原作がわたしたちを呼んでいた

Q:絶大な人気を誇る「orange」の実写化作品に、出演が決まったときのお気持は?

土屋太鳳(以下、土屋):やはり、人気原作なので心が引き締まる思いがしましたね。でも、原作を映画化するというより、「原作がわたしたちを呼んでいる」という感じがしました。すごく気持ちが入りやすかったですし、原作の力を感じる現場でした。映画の中で菜穂として生きられて、本当に幸せです。

山崎賢人(以下、山崎※「崎」は「たつさき」):プレッシャーはすごくありましたけど、こんなに心あたたまる素敵な作品をやらせてもらえることがうれしかったです。今回の実写化のお話は、キャストさんも含め、いろんなタイミングが全部合っていた気がします。長野県の松本に行って、みんなで制服を着た瞬間から、ごく自然に役に溶け込めました。

Q:ロケ地は原作の舞台となった長野県の松本。どのシーンも、とても美しかったです。

土屋:本当にキレイでした。原作漫画に出てくる景色の中で撮影したこともあったので、あんなにも入り込んでしまったのかもしれません。

山崎:「orange」のやわらかい雰囲気って、松本だからこそ出るんだろうなって改めて思いました。緑もすごくきれいでしたしね。

『orange−オレンジ−』 土屋太鳳

リアルに感じたキャストたちの愛

Q:原作に近づける努力も相当されたのでしょうか?

土屋:最初の頃は、漫画を参考書のように開いて、ひとつひとつのページを見ながらやっていたんです。でも、撮影が進むにつれて、原作のキャラクターと演じている役者さんたちが、かぶって見えてきました。あと、原作の菜穂のように女らしくなるために、内股で歩く努力をしたり、わたしは陸上をやっていたので、そのフォームが出ないように走ったりしていました。フォームが出ると菜穂ではなくなってしまうので(笑)。

山崎:だから太鳳ちゃん、今回はすごく女の子っぽいんです。いつもはもっと体育会系なのに(笑)。僕も、なるべく原作に寄せようとしましたけど、正直、やりきれなかったところがすごくあります。でも、そこも込みで今の自分なんだろうなって思います。

土屋:わたし、少し前に気づいたことがあるんです。撮影のときは発売していなかった原作の最新刊が出たから、読んでみたんですね。そしたら、実写版で演じたあるシーンで、菜穂たちが言うセリフや動き、涙の出るタイミングが、そっくりそのまま漫画で描かれていたんです。でも、わたし自身はまったく意識していなかったんですよ。

山崎:シンクロしていたんだね。

土屋:そう。だから、原作に似せる努力はもちろんしていたけど、実際は気持ちのままでやって、それが漫画と重なっていたことも多かった気がします。

Q:ほかのキャストさん(竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみ)も同年代。撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

山崎:いい意味で刺激があって、6人で頑張ろう! という結束力は感じていました。しかも、友情を描く温かい作品なので、ライバル同士のバチバチするようなことも一切なくて(笑)、本当に絆を感じられる現場でした。

土屋:撮影期間は短かったけど、それぞれがキャラクターの性格や関係性を意識して、待ち時間とかも過ごしていました。

山崎:僕、ラスト近くの6人で円陣を組むシーンで、すごく感動したんです。

土屋:わたしも。円陣を組んだまま、何度もカットを撮り直すんですけど、(山崎ふんする)翔が一言「ありがとう」って言ったのが、すごく心に残っていて。あれが、撮影での一番のクライマックスで、一番の思い出。賢人くんもあのとき、特別なものを感じていたんだね。

山崎:もちろん。僕自身の中に、本当に「ありがとう」という気持ちがあったからね。この作品の翔を、みんなが愛してくれているのだなって、リアルに愛を感じることができました。

『orange−オレンジ−』 山崎賢人

「まれ」の名コンビがお互いをリスペクト!

Q:話題作での共演が続いていますが、役者として、お互いをどんな風に見ているのでしょうか?

山崎:太鳳ちゃんは、お芝居をしていると目の奥から伝わって来るものがあるんですよね。普段から人と心から会話をしようとするので、そういった真心が、現場でも伝わってくるんです。演技の引き出しもたくさんあって、近くで見ているだけで面白いんです。

土屋:そんな風に言ってくれて、ありがたいです。賢人くんは、声や表情だけでなく、空気感から変えられる俳優さんです。現場では全力でふざけたりしていますけど(笑)、本当はすごく考えていて、悩んでいて。でも、それを現場には持ち込まずに、空いている時間はスタッフさんとのコミュニケーションに費やす。本当にすごい俳優さんだと思います。

山崎:ありがとう(照)。

Q:恋愛、友情、人生との向き合い方など、多面的な要素を持つ本作。お二人はどんなところに魅力を感じましたか?

山崎:翔が菜穂のほっぺにキスをするシーンとか、キュンっとする場面がたくさんあります。そんな恋愛要素がありつつも、友情の大切さや、今という瞬間を一生懸命生きることの尊さとか、大事なものを教えてくれる作品です。

土屋:わたしも、仲間との絆って大事だなと感じました。生きていくというのは素晴らしいけれど、大変なことでもあって。でも、この作品を観ていただければ、誰かに自分の気持ちをちゃんと伝えることの大切さと、そうすることによって生まれる強い力が、皆さんにも伝わると思っています。

取材・文: 斉藤由紀子 写真:杉映貴子

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)