ゆっくり、じっくり映画を観よう! 年末年始映画特集

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ゆっくり、じっくり映画を観よう! 年末年始映画特集

年末年始くらい日頃のウサを晴らしたい。でも、寒いのは苦手だし、人込みに揉まれるのもイヤ……。そんなアナタには映画がある! 外せない超大作、オスカー最有力候補作などなど、年末年始にじっくり観たい新作をピックアップ!

【絶対外せない大作2トップ】

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

<見どころ解説>
生みの親ジョージ・ルーカスの手を離れ、ディズニー製作の下で10年ぶりに復活を果たす。砂漠の惑星で暮らす女性レイを新たに主人公に据えて、予期せぬ出会いから銀河に旅立つことになった彼女のアドベンチャーが繰り広げられる。ヒロイン・レイや物語の鍵を握る脱走兵フィン、不敵な悪役カイロ・レンらの新キャラに加えて、ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ等のおなじみの面々も登場し、壮大なサーガが新たに動き出す。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

<ここに注目!>
『スター・トレック』シリーズを再生させ、世界的なヒットに導いた才人J・J・エイブラムスが監督を担当。マニアックなファンを満足させつつ初心者にもアピールする、最大公約数の観客に向けたドラマ作りの手腕は絶品だ。危機が連続するノンストップの冒険や、宇宙空間でのバトルをとらえた迫力満点のビジュアルはシリーズの持ち味。それを踏まえつつ、人物に共感させるエイブラムスのドラマ演出の妙は、ここでも冴えわたる。新しい『スター・ウォーズ』の世界を目撃せよ!

『007 スペクター』

007 スペクター
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

<見どころ解説>
ダニエル・クレイグ演じる6代目ジェームズ・ボンドの最新作。今回、ボンドが対峙するのは、シリーズ初期に宿敵として登場した悪の組織スペクター。しかも、その組織の中心人物は、ボンドの出生に深く関係する男だった! 007ファン感涙のストーリー展開、ド派手かつスタイリッシュな映像スペクタクル、まさに、過去の集大成と呼ぶに相応しい一本。「クレイグ版ボンドはこれで最後?」なんてウワサもあるので、その姿をしっかり観ておきたい。

007 スペクター
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

<ここに注目!>
街中でのカーチェイス、雪山での攻防戦、豪華列車内での格闘など、趣向を凝らしたアクションは見応え満点! さらなる注目ポイントが、これまで以上にセクシーなボンドのラブアクションだ。史上最年長(51歳)のボンドガールことモニカ・ベルッチとの、鏡の前で繰り広げる激萌えシーン。そして、もう一人のボンドガールであるレア・セドゥとの、焦らし合った末になだれ込む激しいラブシーン。やっぱり、007シリーズに美女とエロスは欠かせない!

【友達や家族と笑ってハッピーニューイヤー】

『の・ようなもの のようなもの』

の・ようなもの のようなもの
(C) 2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

<見どころ解説>
故・森田芳光監督が落語界を舞台にした劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く青春コメディ。主人公の落語家見習いを演じるのは『僕達急行 A列車で行こう』で主演を務めた松山ケンイチ。ヒロイン役は『間宮兄弟』で映画デビューを果たした北川景子。そのほか、『の・ようなもの』の出演者、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんなど、森田監督とゆかりのあるキャスト・スタッフが集結し、落語の名作さながらの人情物語を作り上げた。

の・ようなもの のようなもの
(C) 2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

<ここがハッピー!>
生真面目な志ん田(松山)と、自由奔放な兄弟子・志ん魚(伊藤)。対照的な性格の2人が絆を深め、それぞれのスタンスで落語と向き合う様子が心地よい。そこに華を添えるのが、彼らの師匠の娘・夕美(北川)のお転婆娘のような愛らしさ。森田監督を慕う者同士で作り上げられた、連帯感と熱意が映像から伝わってくる、いろいろな意味でハートフルな作品。松山が時間をかけて習得したという落語シーンも、そこだけじっくり見直したくなるほど流暢(りゅうちょう)で味がある。

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

<見どころ解説>
ゲームやアニメソングでブレイクし、今や国民的人気を誇る「妖怪ウォッチ」待望の劇場版アニメ第2弾。おなじみの主人公天野ケータ&ウィスパーコンビのほか、全方位ヲタク未空イナホや新キャラのUSAピョンらが協力し、人間界と妖魔界のために活躍する姿を描き出す。ゲスト声優として長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸・大吉、武田鉄矢が参加し、親子愛や動物と人との深い絆、兄弟愛や母性愛や友情など、人間と妖怪たちをめぐる5つの物語を描く。

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
(C) LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

<ここがハッピー!>
世の中には辛いことや悲しいことがあふれているけれど、ちょっぴりドジでキュートな妖怪たちがそばにいてくれるだけで、不思議と元気と勇気が湧いてくる! ケータの隣で知ったかぶりばかりするウィスパーや、かつての飼い主エミちゃんのために奮闘するも、逆にピンチに立たせてしまうジバニャンをはじめ、イナホと一緒にクリスマスプレゼントを配るUSAピョンの存在に温かい気分にさせられる。たとえ失敗しても一人じゃないから大丈夫!

『パディントン』

パディントン
(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

<見どころ解説>
イギリスで『アナと雪の女王』のオープニング記録を破る好調な滑り出しを見せ、欧米で大ヒットした本作は、児童文学「くまのパディントン」の実写化映画。ペルーのジャングルから大都会ロンドンにやって来たパディントンが、親切な一家の助けを借りて縁のあるイギリス人探検家を捜し出そうとする物語。豊かでかわいらしい表情や英国紳士風だけどズレている言動、食事時など時折見せる野性的な姿など、パディントンのキャラクターは老若男女誰もがかわいく思えるはず! 謎の女役ニコール・キッドマンは怪しさ満点で一見の価値あり。

パディントン
(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

<ここがハッピー!>
ペルーのジャングルで教材を使って習得した古風な英語を話すクマ。そんな不思議なくまを遠巻きに道行く人たちとは違って、声をかけてくれたのがブラウン一家の大らかなママ。パディントンという名を与えられ、一家の自宅に泊めてもらうことになり、歯ブラシやバスルームの使い方が分からずさっそく騒動を巻き起こしながらも、家族と少しずつ絆を深めていく。パディントンが体験するさまざまなカルチャーギャップとドタバタに大笑いするとともに、パディントンを受け入れる一家の温かさに心がほっこりする。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
(C) 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝  博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

<見どころ解説>
1990年の放送開始から25年を迎えた国民的アニメの映画が、原作者・さくらももこの脚本により23年振りに公開。まる子をはじめとするクラスメイトが外国人をホームステイさせることになり、まる子一家はイタリア人のアンドレアをおもてなしすることに。アンドレアの声には人気上昇中の俳優・中川大志。ほかにも劇団ひとり、パパイヤ鈴木、渡辺直美、ローラが外国から来た子どもたちの声を担当。さまざまなかたちの出会いや別れに大人も感動必至。

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
(C) 2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝  博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

<ここがハッピー!>
「ぼくはまる子が好きです」というイタリア人の男の子アンドレア。出会ったばかりというのにいきなりの告白に、まる子はたじたじになりながらも、アンドレアをホームステイさせることに。アンドレアが日本を好きになったきっかけや日本を訪れた理由を聞き、いろんなことを話したり出掛けたりするうちに親しくなる二人には、初恋を思わせる胸キュンな雰囲気も。アンドレアの願いをかなえてあげようと奔走するまる子、そして祖父・友蔵の優しさにグッとくる!

【泣いてスッキリ新しいスタート】

『はなちゃんのみそ汁』

はなちゃんのみそ汁
(C) 2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

<見どころ解説>
広末涼子と滝藤賢一が夫婦を演じ、33歳で生涯を終えた一人の女性のベストセラーエッセイを基に描く感動の家族ドラマ。乳がんと闘いながらも結婚、妊娠、出産を経て、食育を中心に子育てにも全力投球する主人公と最愛の夫、そして幼い娘が少しずつ成長していく何気ない日々が胸に迫る。自分のいない未来をしっかりと見据え、4歳の娘の誕生日に包丁をプレゼントし、ていねいにみそ汁の作り方を伝授する母の深い愛情に涙が込み上げてくる。

はなちゃんのみそ汁
(C) 2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

<ここにスッキリ!>
限りある人生を豊かに生きるということを改めて教えてくれる本作。ネガティブになりがちな「がんとの闘い」を、こうも明るくポジティブに描いてくれたことに感動し、今自分が生きているという奇跡に感謝したくなってくる。ヒロインが大きな絶望や悲しみ、死への恐怖などを自らの意思と家族の支えでひとつひとつ乗り越えていく過程にホロリ。永遠の別れのつらさの一方で、最期まで必死に生き抜いた彼女に元気をもらう。

『母と暮せば』

母と暮せば
(C) 2015「母と暮せば」製作委員会

<見どころ解説>
巨匠・山田洋次監督が故井上ひさし氏の遺志を継ぎ、長崎の原爆で命を落とした息子と、一人残された母親の姿を描く珠玉の人間ドラマ。吉永小百合と二宮和也が親子を演じ、3年前に原爆で死んだはずの息子がいきなり現れ、懐かしいわが家での思い出や、今も忘れられない恋人との淡い恋の記憶をたどる様子に胸が詰まる。本来決して交わることのない生者と死者が当たり前のように会話したり、笑ったり、泣いたり、ケンカしたりする小さな奇跡に心打たれる。

母と暮せば
(C) 2015「母と暮せば」製作委員会

<ここにスッキリ!>
すでに夫は他界し、大切に育て上げた長男は戦死、さらに医学生だった次男まで原爆で失うという不幸を背負った母親。戦後の混乱の中、一人ぼっちの彼女のせめてもの救いは、息子の恋人だった心優しい町子の惜しみないサポートと、死んだはずなのに今もしばしば顔を出す息子浩二の存在だった。以前と変わらぬ視線でかつての恋人を見つめる浩二の苦悩、そして息子の思いを知りながらも彼女の将来の幸せを願い、そっと背中を押す母親の懐の深さに目からウロコ。

『人生の約束』

人生の約束
(C) 2016「人生の約束」製作委員会

<見どころ解説>
「池中玄太」シリーズで知られるテレビドラマ界の巨匠・石橋冠監督が、江戸時代から約350年続く富山県射水市の「新湊曳山まつり」を題材に撮り下ろしたヒューマンドラマ。かつての共同経営者だった親友の死をきっかけに、人生を見つめ直すIT関連企業経営者(竹野内豊)の姿を描く。主演の竹野内を筆頭に、江口洋介、西田敏行、松坂桃李、ビートたけしら豪華キャスト陣が、射水市の美しい自然を背景に人との絆について問いかける。

人生の約束
(C) 2016「人生の約束」製作委員会

<ここにスッキリ!>
主人公・祐馬の目標は会社の拡大。そのためなら手段を選ばず、共に会社を立ち上げた親友・航平のことすら切り捨ててきた。そんな祐馬に届いた航平の訃報。航平が故郷の「曳山まつり」に悔いを残していたことを知った祐馬は、自分に何ができるのか摸索し始めるだが……。仕事人間だった男が本当に大事なものに気づいていく過程がリアルで、ふと自分自身のことを振り返りたくなる。最後に祐馬が見せる涙と笑顔は、最高の清涼剤になるだろう。

【イケメン納め&初めに】

『orange-オレンジ-』

orange-オレンジ-
(C) 2015「orange」製作委員会 (C) 高野苺/双葉社

<見どころ解説>
10年後の自分から届いた手紙をきっかけに、大切な人を救うため、そして未来を変えるために、奮闘する女子高校生を描いた高野苺の人気コミックが、連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳と山崎賢人のコンビで映画化。長野県で撮影された美しい自然を背景に、青春と恋愛、さらにはSFの要素がミックスした物語を展開する。ヒロインの菜穂と翔の恋のゆくえや、ふたりを含む6人の男女の友情、そして翔の運命がどうなるのか最後まで目が離せない。

orange-オレンジ-
(C) 2015「orange」製作委員会 (C) 高野苺/双葉社

<こんなにイケメン!>
すでにティーンからオバサマにまで高い人気を得ている山崎賢人が演じる翔は、菜穂が隠す足のケガに気付いて手当てをしてくれるなど、心を塞ぎがちだけれど優しい一面が垣間みられて胸キュンしてしまう! 菜穂のことが好きなのに菜穂と翔の恋を誰よりも応援する須和役の竜星涼に、クールに振る舞いながらも友だち思いの萩田を演じる桜田通にも注目。山崎・竜星・桜田の若手俳優3人がそれぞれに個性の違う男子を好演しているから、グループで観賞したらイケメン談義で盛り上がれそう。

『ピンクとグレー』

ピンクとグレー
(C) 2015『ピンクとグレー』製作委員会

<見どころ解説>
ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが発表した処女小説を、「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔の主演で映画化。物語は、スター俳優・白木蓮吾(中島)の急逝シーンから始まる。遺体を発見したのは、売れない俳優の河田大貴(菅田将暉)。蓮吾と大貴は同じ団地で育ち、共に芸能界を目指した親友同士だった。2人の間に何が起きたのか? 『世界の中心で、愛をさけぶ』などの行定勲監督が仕掛けた「開始62分の衝撃」に、誰もががく然とする!

ピンクとグレー
(C) 2015『ピンクとグレー』製作委員会

<こんなにイケメン!>
俳優としてメキメキ頭角を現している中島が、アイドルのイメージを覆す大胆な濡れ場に挑戦! さらに、親友と無邪気に戯れる学生時代から、芸能界でスターのオーラを発するまでのさまざまな表情を、余すことなくスクリーンに焼き付けている。彼の表現力の幅広さに、思わず喝采を送りたくなるはずだ。共演した菅田将暉、柳楽優弥ら若手実力派俳優も、圧巻の演技力を披露。イケメン好きはもちろん、刺激的な映画が観たい人も納得の一品だ。

【アカデミー最有力作品】

『ブリッジ・オブ・スパイ』

ブリッジ・オブ・スパイ
(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

<見どころ解説>
巨匠スティーヴン・スビルバーグが冷戦時代の実話に題材を得て生み出した、サスペンスフルな人間ドラマ。米ソの緊張が高まる1950年代末、米国でソ連のスパイが逮捕された。その弁護に当たった弁護士は敵国のスパイでも公正な裁判を受ける権利があると主張し、国中を敵に回すことに。しかし、それは彼の過酷な戦いの始まりに過ぎなかった……。主演にトム・ハンクス、脚本にコーエン兄弟というアカデミー賞受賞者がここに結集!

ブリッジ・オブ・スパイ
(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.

<ここがアカデミー賞級!>
弁護士の仕事は、法の下でどんな人間にも公正な裁判を受けさせること。それが国際情勢的に“敵”と認識される人物であっても、だ。そんな職業倫理の高潔さは弁護士だけでなく、逮捕されても決して祖国を売らないソ連のスパイにも見てとれる。国境や主義・主張を超えて、そんなプロ意識の高さで結ばれる男たちの絆が胸に迫る。スピルバーグの演出や弁護士役のハンクスの熱演はもちろん、スパイにふんしたマーク・ライランスの妙演も受賞レベル!

『白鯨との闘い』

白鯨との闘い
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

<見どころ解説>
ハーマン・メルヴィルの名著「白鯨」の基になった実話を、『ビューティフル・マインド』のアカデミー賞監督ロン・ハワードが映画化。19世紀、気鋭の作家メルヴィルは新作の題材を求め、難破した捕鯨船エセックス号の生存者に話を聞きにいく。しかしその真実は、小説にするには衝撃的過ぎる内容だった……。一等航海士や船長らエセックス号のクルーのサバイバルがスリリングに展開。『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが主人公の航海士にふんする。

白鯨との闘い
(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

<ここがアカデミー賞級!>
狂暴かつ巨大なクジラに遭遇してしまった船員たちの極限状態は、まさしく息詰まるもの。漁船を破壊され大海原を漂流しながら、クジラだけでなく飢えや水不足、絶望とも闘う男たち。命の瀬戸際に追い込まれたとき、船乗りたちは、どんな選択をするのか? ハワード監督は海の男たちの誇りや苦渋の決断をエモーショナルに活写。壮絶な状況に追い込まれた人間のドラマもさることながら、役づくりのために激ヤセしたクリスの役者魂は最優秀主演俳優級だ。

記事制作 : シネマトゥデイ(外部サイト)

PICK UP