ブルボンヌの新作映画批評 第9回『007 スペクター』

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

「ゼロゼロセブン」世代も納得、ダニエル・ボンドの総決算!


アタシが子どもの頃は「ダブルオーセブン」なんてオシャレな呼び方してなかったんだからー。そんな「ゼロゼロセブン」世代としては、流行り廃りの目まぐるしい映画界で、時代に合わせて生まれ変わりつつ第一線で居続けるこのシリーズは本当に愛すべき作品なんです。 これで4作目となるダニエル・クレイグ兄貴も、起用されたニュースが流れた当初は大不評でした。反対の署名運動まであったほど。確かにダニエルの鳥っぽい老け顔は、ロジャー・ムーアからピアース・ブロスナンまでの「エロさが滲み出るハンサムオヤジ」イメージからは程遠く、アタシも内心「イケてねぇー」と思ってました。でも!『カジノ・ロワイヤル』で、歴代ボンドの誰よりもバキバキなマッチョボディで「だまれスケベオネエ!」と言わんばかりに海から現れたダニエルを観てアタシは即落ちしたんです。ひぎぃ~!

もちろんそんなエロ目線だけでなく、ダニエルのシリアスベースな気品ある演技とアクションは、本来の英国スパイ・アクションの復活と称賛され、前作『スカイフォール』ではついにシリーズ史上最高の興行収入を稼ぎ出したのでした。こうなるとむしろ、ロジャー・ムーアのボンドがただの酔っ払いスケベオヤジに観えてくるくらいよ!(ロジャーさんとばっちり)

正直、オカマセンス的にはトンデモ日本を舞台にした『007は二度死ぬ』(ボンドガール浜美枝!)みたいなおバカなノリも捨てがたいけど、まあ今の時代のメジャー大作としてのあるべき姿は、まさにダニエル・ボンドなんだと思います。今作『スペクター』は、版権問題で揉めて長く使えなかったシリーズ初期の悪の組織名を復活させて、前作からの新生M、Q、マネーペニーという周辺キャラも定着させて、いろんな意味でリブート感あり。秘密兵器やボンド・カー、ちょっとした演出など細部に渡って、シリーズ・ファンがニヤリとできるシーンもたっぷりなのでした。

これだけ長いシリーズが、ちゃんと歴史を踏まえて作ってくれるのはありがたいところ。だけど同時に、ご新規さんにはよく分からない設定はお約束とも言えるので、少なくとも前作・前々作あたりは観てからのほうがちゃんと理解して楽しめるかと。そもそも1作で3年くらい空くわけだから、日々脳細胞が死にゆくババアからすると、前々作からの人間関係くらいでもう「えーと…どなただったかのう…」って思い出すのに苦労したわよ。

ここ2作はドラマ派サム・メンデス監督だからこそ、ボンドの人間らしさや、周囲の人とのつながりもグッと体温を感じる描き方がされてきたのも魅力。前作、ジュディ・デンチとの「母性」の物語から、今作は対になるかのように「父性」の物語になっているのも印象的ね。個人的なシュミだけで言えば、最強のボンドガールならぬボンド・ババア、ジュディ・デンチがメインで、シャーリー・バッシー時代の再来のような凄味があったアデルの主題歌に彩られた『スカイフォール』超えはできなかった印象。その分、レイフ・ファインズの確かな演技や、元WWEチャンピョンの悪役起用など「熱い男の映画」感は増してるかと思います。

ボンドガールもアタシの好きな悪女系(『ゴールデンアイ』でファムケ・ヤンセンが演じたゼニア・オナトップみたいなの)は今回出てこないので、あくまで男目線寄り。モニカ・ベルッチねえさんは大好きだけど、ちょっと大画面で見るとトウがたってて切なくもあったし。ただし、新生Qを演じるイケメン俳優、ベン・ウィショーちゃんは同性婚をしているゲイなので、オネエフックが全く減ったわけじゃないのよね。

とくにシリーズ・ファンにオススメしたい仕上がりになっている本作。とは言え、メキシコシティから始まる圧巻のオープニングから、世界各国で繰り広げられる上質のアクションは、人間関係は分からなくても純粋に興奮できちゃう、これぞ映画な大迫力です。それこそ「ゼロゼロセブン」がしっくり来るお父さん世代に久しぶりに劇場に足を運んでいただきたい作品ですよ~。
『007 スペクター』 全国ロードショー中!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
ブルボンヌ
女装パフォーマー/ライター
新宿二丁目にある『Campy! bar』をプロデュースしている他、『はみだし しゃべくりラジオ キックス』(山梨放送YBSラジオ)金曜メインパーソナリティ、『ハートネットTV』『週刊ニュース深読み』(共にNHK)、BSスカパー『チャンネル生回転TV ALLザップ』などに出演。大学特別講義の講師、企業内LGBTに関するセミナーMCも務める。

この記事で紹介している作品

007 スペクター

記事制作 : ブルボンヌtwitter(外部サイト)

シリーズ