来日したらどこに泊まるの?ハリウッドスターの宿泊事情

コラム

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

ハリウッドスターが来日した際に、「スターってどこに泊まるの?」と思ったことはないでしょうか。
今回は、[業界の裏話]ハリウッドスターの宿泊事情についてご紹介したいと思います。

ハリウッドスターの宿泊事情 映画好きの間では有名な話ですが、キアヌ・リーブスは帝国ホテルのファンです。
どのくらい気に入ってるかというと、出演した映画『JM』の中で、「洗濯を頼みたい。帝国ホテルで頼むような洗濯だ。東京の・・・」というアドリブを入れるほどのファンでした。
実際に、キアヌが来日する際には、帝国ホテルに宿泊を希望することもあったそうです。
その他にも、「せっかくの日本を楽しみたい」や「ストレスなく過ごしたい」など、宿泊先ホテルの希望を伝えるハリウッドスターももちろんいます。

実際には・・・

宿泊先や会見会場は、それぞれ作品の配給会社が決定します。
安全面を考慮し、移動がないように「同じホテル内で会見をする」のか、セットを組んだりイベントと組み合わせたり、「別会場で会見をする」のかなど、宣伝の戦略を加味して決定します。

配給会社が戦略に沿って決定するのですが、実際には、宿泊先・会見会場選びにトレンドのようなものがありました。

ホテル選びのトレンドは・・・

2000年~2005年頃までは、新宿にある某ホテルが独り勝ち状態でした。
2004年に公開された日本が舞台で、主人公がこちらのホテル宿泊しているという設定の映画に出てきたホテルというと、わかる方も多いのではないでしょうか?
新宿駅から無料シャトルバスに乗ったり、結構な距離を歩かなければならず・・・、記者としてはなかなか行きにくいホテルだったのですが(笑)、トイレに置かれているふかふかのタオルが気持ちよく、取材で訪問するのが楽しみなホテルの1つでした。

このホテルが選ばれる理由として、
「急な対応や、記者たちをどう動かせば混乱なく会場入りできるかや、ハリウッドスターへの気遣いなど、任せておけば安心!というホテル担当者が居たので、いつもこちらのホテルを選んでいました。」(配給会社関係者)

その後、2005年以降は、有楽町にあるホテルPや、六本木のRなど、外資系ホテルに人気が集まりました。
世界各国を訪問しているハリウッドスターとしては、どこに行ってもいつもと同じサービスが受けられる、外資系ホテルは好評のようです。
特にPは、2005年までの新宿の某ホテルに匹敵するくらい、独り勝ち状態になりました。

実はその理由が・・・
「新宿の某ホテルの担当の方が、Pに転職されて・・・。それに合わせる形で宿泊先や会見会場をPにお願いすることが増えたんです。」(配給会社関係者)

まさか、ハリウッドスター宿泊のホテル選びに、1人の担当者が影響を与えていたとは!
配給会社は来日会見となると、ハリウッドスターのケア、インタビューの段取り、マスコミの対応、会見運営などと、安全面も考えるので、目が回るような忙しさです。そんな状態の時に、配給会社の意図を理解し、迅速に対応してくれる人がいたら、お願いしたくなっちゃうのもわかるような気がします・・・。

本当に重要なのは

トレンドの話をしましたが、実際には、「安全」と「快適に過ごせること」を何よりも重要と考えて、宿泊先ホテル選びが行われています。

「最近は、SNSの普及により、目撃情報などが拡散され、ファンに知られてしまう可能性にも注意しなければいけませんし、セキュリティ面から、事前に「どこのホテルに宿泊している」などの情報が発表されることはないです。
世界的スターですから、熱狂的なファンもいますし、プライベートな姿を撮影したいと狙っているパパラッチもいます。
配給会社としては、様々な要因からスターを守り、危険な目に合わせることなく、滞在してもらうことが重要なポイントとなります。
また、外国の方ですと、様々な文化や考え方をお持ちの方もいます。食生活も、ベジタリアンだったり、ビーガンだったり、スターとその周りのスタッフの要望に対応できなければなりません。
個人個人の体調ももちろん、快適に滞在してもらうために、ホテル側には細心の注意を払って、対応いただく必要がでてくるんです。」(配給会社関係者)

華やかなハリウッドスターのホテル事情いかがでしたか?
都合により、ホテル名は明かせませんでしたが、お話したホテルは一般の方でも、もちろん宿泊できます。(お値段高めですが)。
スター気分で宿泊して、ホテルスタッフの気遣いと対応力を体験してみるのもよいのではないでしょうか?

記事制作 : CinemaGene(外部サイト)