笑顔で撮影を振り返った岩田

岩田剛典、桜庭ななみと雪の中で危機一髪!

ニュース

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
  • google+
  • LINEで送る

 三代目J Soul Brothers の岩田剛典が8日、都内で行われた「CINEMA FIGHTERS」プレミア上映企画にE-girlsの石井杏奈と出席。6作品のショート作品で構成される本企画の『SWAN SONG』に出演している岩田は、雪の中での過酷な撮影で、共演者の桜庭ななみと積雪にダイブしてしまったという驚きのエピソードを披露して会場をわかせた。

 「CINEMA FIGHTERS」は EXILE TRIBE が所属する LDH JAPAN の楽曲群の世界観を映像作家たちが音と映像で具現化する EXILE TRIBE と ShortShorts によるコラボ企画。河瀬直美監督による『パラレルワールド』、A.T.監督による『キモチラボの解法』、萩原健太郎監督による『Snowman』、齋藤俊道監督による『色のない洋服店』、常盤司郎監督による『終着の場所』、落合賢監督による『SWAN SONG』の6つのショート作品で構成されている。

 岩田出演の『SWAN SONG』は「Heavenly White」というEXILEの楽曲を基に作られた作品で、撮影は全編新潟で行われたといい、その期間もたった4日間。岩田は「そんなタイトな撮影経験がそれまでなかったので、ショートフィルムのいい洗礼を受けて刺激になりました」と笑顔。一方、雪の中での撮影が大変だったことも振り返り、「積雪も自分の目の高さくらいまであって、その中を延々歩くシーンでは、カットがかからなくてこのまま遭難するんじゃないかって思っていた」と苦笑いする。

 「寒くて口も回らないし、指も動かない。本当にかじかんでいましたから」と続けると、「監督がいない舞台あいさつだからこそ言えることなんですけど、納屋と言うか廃墟にあった木のテーブルをソリの代わりにして雪の中を下るシーンは、今思えば本当に危なかったです」と桜庭とのシーンを述懐。「命綱無しでやったんですけど、めちゃくちゃスピード出るんです。止まり方もわからなくて、そのまま積雪にダイブ。2人とも怪我がなくてよかった……」とホッとした表情を見せ、「ショートフィルムはまたやりたいです。でも次は暖かいところがいいです。ハワイとか」と話して会場を笑わせた。

 一方の石井は『パラレルワールド』に出演。「台本がなくて、紙一枚にこういうシーンがあるって書かれているだけ、セリフもアドリブで」と河瀬監督の同作品での演出法を紹介すると、「山田孝之さんとも初対面で、最初からアドリブでため口で話さなくていけなくて大変でした。キスシーンも撮影初日の夜だったんですけど、それもアドリブで……」と照れくさそうに紹介。「長回しで撮影する中、なかなか(キス)しなくて、いつするんだろうって。山田さんとの間にはずっと無言の間があった」と楽しそうに撮影を振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

記事制作 : シネマトゥデイ
映画をはじめとするエンターテイメント情報をリアルタイムに更新!

関連映画

2018年01月26日