シンガポール出身の作家ケヴィン・クワンの同名小説を映画化する『クレイジー・リッチ・アジアンズ(原題) / Crazy Rich Asians』の全米公開日が、2018年8月17日に決定したと The Hollywood Reporter ほか複数メディアが報じた。

 米ニューヨークに住む中国系アメリカ人で経済学の教授レイチェルが、シンガポール出身の恋人ニック・ヤンが実は大富豪であったことから、彼女をねたむ女性やニックの家族によって窮地に追い込まれるというストーリー。テレビシリーズ「フアン家のアメリカ開拓記」のコンスタンス・ウー、映画『ハングオーバー』シリーズのケン・チョンといったアジア系アメリカ人俳優に加え、映画『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』のミシェル・ヨーらが出演する。

 ワーナー・ブラザース企画の本作の監督は、映画『ステップ・アップ』シリーズや『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のジョン・M・チュウ。映画『あなたは私の婿になる』のピーター・チアレッリが脚色し、テレビシリーズ「リーサル・ウェポン」のアデル・リムが改稿したようだ。

 このたび全米公開日が決まり、同日に公開する『キャプティヴ・ステイト(原題) / Captive State』(ジョン・グッドマン、ヴェラ・ファーミガ、フォーカス・フィーチャーズ配給)やメリッサ・マッカーシーが出演したマペット・コメディー映画『ザ・ハッピータイム・マーダーズ(原題) / The Happytime Murders』(STX エンターテインメント・フィルムズ)に対抗することとなった。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)