スマートフォン向けRPG「ブレイブ フロンティア2」(2月22日配信)のリリースを記念して、2013年に放送されたスーパー戦隊シリーズ37作目「獣電戦隊キョウリュウジャー」とのコラボレーション動画が公開された。「キョウリュウジャー」当時のキャストが再集結し、脚本家・三条陸が本編33~34話の間のストーリーを書き下ろした、幻の33.5話「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」はファン必見の映像だ。

 「獣電戦隊キョウリュウジャー」は、その名の通りモチーフは恐竜であり、キャッチコピーは「史上最強のブレイブ!!」。今回のコラボは、「ブレイブ フロンティア2」のリリースにあたり「再集結」をプロモーションキーワードの一つにしていたことを受け、同じ“ブレイブ”を背負うキョウリュウジャーもまた“再集結”するというかたちで実現した。

 コラボレーション動画には、竜星涼、斉藤秀翼、金城大和、塩野瑛久、今野鮎莉、丸山敦史という「キョウリュウジャー」メインキャストが出演。特別動画「勇敢戦隊ブレイブフロンティア」では、キョウリュウジャーのレッド、ブルー、グリーン、ゴールド、ピンク、ブラックが、「ブレフロ」シリーズの人気ユニット・六英雄に変身し、“スーパー戦隊シリーズあるある”を、企画用にアレンジしつつ“ブレイブポイント”としてシュールかつコミカルに紹介する。

 そして、もう一つは「獣電戦隊キョウリュウジャー」の33.5話となる「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」。今話限定の敵キャラクター・ブレイブスキーが登場するほか、アクションも満載にキョウリュウジャー6人が大技を繰り広げる見ごたえ十分な仕上がりとなっている。同映像は、2018年5月31日までの期間限定公開。(編集部・小山美咲)