世界的人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第21作のタイトルが『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』に決定。併せてポスターと予告映像が公開され、タイトルのヒントともなる、5人の登場人物とポケモンたちの姿が披露された。

 過去のポケモン映画と比べても新鮮なタイトルとなった今作は、1999年公開の『劇場版ポケットモンスター/幻のポケモン ルギア爆誕(ばくたん)』でおなじみの伝説のポケモン・ルギアが登場することで話題を呼んでいた。そんな今作の舞台となるのは1年に1度だけ開催される“風祭り”で、ルギアから恵みの風をもらう街フウラシティ。人々が風と共に暮らすフウラシティでは、風祭りの最終日にルギアが現れて、恵みの風をもたらすという古くからの言い伝えが残っており、街に集まる人々はそれぞれの想いを抱きながら、祭りに参加していた……。

 公開されたポスタービジュアルには、サトシとピカチュウが出会う5人の登場人物とポケモンたちの姿が。ポケモン初心者の女子高生リサに、嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男のカガチ、自分に自信が持てない気弱な研究家トリト、ポケモンを毛嫌いする変わり者のおばあさんヒスイ、そして森の中で一人佇む謎の少女ラルゴという、これまた今までのポケモン映画ではめずらしい年齢も性別もバラバラの登場人物たちだ。サトシとピカチュウのみならず、それぞれの登場人物とポケモンたちの絆に迫る“みんなの物語”が動き出す。(編集部・石神恵美子)

『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』は7月13日より全国公開