鬼ごっこを小学校1年生から30年にわたって(!)やり続けた男たちの実話を基にしたコメディー映画『タグ(原題) / Tag』の初となる予告編(海外版)が公開された。最強の鬼ごっこプレイヤー・ジェリーには、『アベンジャーズ』シリーズのホークアイ役で知られるジェレミー・レナーがふんしている。

 大人になっても毎年5月、1か月にわたって禁じ手なしの鬼ごっこをプレイし、仲間にタッチして「君が鬼!(You’re It!)」と勝利の雄叫びを上げたいばかりに、仕事や恋人との関係を危険にさらすこともいとわなかった男たちの姿を描く本作。今年の5月は最強の鬼ごっこプレイヤー・ジェリーの結婚式と重なったため、仲間たちは彼を何が何でも狙おうとするが、ジェリーにも彼らを迎え撃つ準備はできていた……というストーリーだ。

 予告編では、結婚式での誓いのキスの瞬間、出産の立ち合い時、さらには葬式でと、時と場所を選ばず鬼ごっこが行われるさまがコミカルに映し出される。ジェリー役のジェレミーの躍動感も素晴らしいが、彼は本作の撮影で右ひじと左手首を骨折している。

 そのほかの出演は、『ハングオーバー!』シリーズのエド・ヘルムズ、『ジュラシック・ワールド』のジェイク・ジョンソン、『ベイビー・ドライバー』のジョン・ハム、『スパイダーマン:ホームカミング』のハンニバル・バレス、『グランド・イリュージョン』のアイラ・フィッシャーなど。主にテレビ業界で活動してきたジェフ・トムシック監督がメガホンを取った。6月15日全米公開。(編集部・市川遥)