シリーズ完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の日本公開日が6月15日に決まり、新たな映像となる日本版オリジナル予告編が公開された。

 巨大迷路に送り込まれた若者たちの脱出劇を描き、日本でも人気を博した『メイズ・ランナー』 の第3弾にして完結編となる今作では、秘密組織に捕らわれた仲間のミンホ(キー・ホン・リー)を助けるために、3年がかりで巨大迷路を脱出したトーマス(ディラン・オブライエン)らが、今度は巨大な壁で覆われた難攻不落の要塞都市「ラスト・シティ」に“逆侵入”する。

 今回披露された日本版オリジナル予告編は、先日公開された予告編よりもミンホを助けに行く経緯や過程がよりわかるようになっており、スピード感と迫力のあるアクションや壮絶な戦いぶりを感じることができる。

 監督は、シリーズを通してウェス・ボールが務め、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスターらシリーズおなじみの顔ぶれが登場する。(編集部・小松芙未)