公開まで約1か月となった稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の映画『クソ野郎と美しき世界』の追加キャストが発表され、でんでん&古舘寛治&新井浩文らの出演が明らかになった。

 本作は、稲垣の『ピアニストを撃つな!』(「EPISODE.01」)、香取の『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』(「EPISODE.02」)、草なぎの『光へ、航る』(「EPISODE.03」)、“クソ野郎★ALL STARS”出演の、すべてのエピソードがつながるミュージカル「EPISODE.04」の『新しい詩』(読み:あたらしいうた)という4本の短編から構成されるオムニバス映画。

 今回は「EPISODE.01」から「EPISODE.03」の追加キャストが発表され、『ピアニストを撃つな!』にはでんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツニ子!とこれまで園子温作品を彩ってきた個性派俳優を含むキャストたちが参加。そして『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』には古舘、『光へ、航る』には新井、健太郎が共演者として名前を連ねている。

 『ピアニストを撃つな!』の監督&脚本は園監督、『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』の監督&脚本は山内ケンジ、『光へ、航る』の監督&脚本は太田光(爆笑問題)、『新しい詩』の監督&脚本は児玉裕一が担当している。公開日は4月6日。2週間限定で全国86(野郎)館で公開される。(編集部・海江田宗)