香取慎吾が10日、新宿アルタ前にたたずむ自身の写真をInstagramに投稿し、スタジオアルタから生放送されていたバラエティー番組「笑っていいとも!」を懐かしむ声が殺到している。

 同写真とともに香取は、ハッシュタグを用いて、「#新宿 #アルタ 前で #待ち合わせ #映画 何観る? #クソ野郎と美しき世界 でいいよね? #いいとも !!」とコメント。自身が出演し公開中の映画『クソ野郎と美しき世界』を、かつて出演していた「笑っていいとも!」おなじみのワードとからめて紹介した。

 香取の呼びかけに答えるように、ファンからは「いいともー!」という反応が続々。タモリが司会を務めた「笑っていいとも!」は、フジテレビ系で1982年に放送を開始し、惜しまれつつも2014年にレギュラー放送が終了した。長く愛された番組だけに「懐かしい」というコメントも相次いでいる。

 映画『クソ野郎と美しき世界』は、香取、稲垣吾郎、草なぎ剛と4人の監督がコラボレーションしたオムニバス。6日より2週間限定で全国公開されている。(山田貴子)