俳優の向井理が14日、都内で行なわれた、NHK土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」の試写会に原田泰造、村川絵梨、制作統括の陸田元一と共に出席し、芸能界デビューする前に原田と出会っていたことを明かした。

 辻堂魁のベストセラー小説をドラマ化した本作。武家や商家の家計を預かる現代でいう経営コンサルタントの“渡り用人”唐木市兵衛(向井)が、達人級の腕を持つ剣で悪を成敗していく。3話ずつの3部構成となっており、市兵衛を雇う“旗本の未亡人”安曇役の村川は1~3話のゲストとなる。

 何度か共演経験のある向井の印象について聞かれた村川は「すごく上から目線ですけど」と前置きした上で「家族を持たれて、お子さんも生まれて……向井さんが丸くなられたなと。昔の刺々しさがなくなった」と述懐。向井が「そうかな?」と首をかしげると、村上は「昔は緊張してしゃべることができなかったけど、今は向井さんから話しかけてくれる。知的でクールな印象があるので……」としどろもどろに。最終的に向井から「もういいんじゃない?」と笑顔でツッコミを受けていた。一方の原田は「向井くんが(俳優を目指す前に)飲食をやられていた時、お会計をやってもらったことがあって」とエピソードを披露。向井も「領収書を書きましたからね」と話すと「その時の態度が悪かったら今はこうしてはいられない。ちゃんとしておいて良かった」と回顧し、一同を笑わせた。

 そんな向井は今回の役どころについて「タイトルになっているそろばんには、とても苦労しましたね。すり替えなしで、全部自分でやったので、指導していただく先生からも『大変ですね』とにこやかに言われました」と四苦八苦したことを語る。 “北町奉行所の同心”渋井鬼三次役を務めた原田は「どちらかと言えば、市兵衛に助けてもらう役」と自らの役について一言。そして立ち回り時、向井の体幹の強さに驚いたと言い、「どうやって鍛えているのか聞いたら『日本舞踊がいいですよ』と言われたので、撮影終わったら始めようかなと思います」と決意表明する場面もあった。

 最後に本作の見どころについて向井は「“勧善懲悪もの”は日本人が好きな展開。1話で種をまいて、2話で水をやり、3話で刈り取るという分かりやすいエンターテインメントです。それを楽しんでいただければ」と語りかけた。(取材・文:浜瀬将樹)

ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」は5月19日より毎週土曜よる6時5分~NHK総合にて放送(全9回)