映画『菊とギロチン』の初日舞台あいさつが7日、テアトル東京で行われ、メガホンを取った瀬々敬久監督、主演の木竜麻生をはじめ、東出昌大、寛一郎らキャスト総勢30名という、同劇場が始まって以来最多人数となるゲストが登壇し、初日を盛り上げた。

 本作は、瀬々監督が構想30年にも及ぶなか完成させた渾身作。大正末期、関東大震災直後の混とんとした情勢のなか、かつて日本全国で興行されていた女相撲の一座「玉岩興行」と、実在したアナキストグループ「ギロチン社」の青年たちとの交流を描いている。

 上映前には、劇場前で瀬々監督と「玉岩興行」の面々を演じたキャストが、一丸となって行き交う人たちにチラシを配り、作品をアピールするなどチームワークは抜群。

 新人力士・花菊役で主演を務めた木竜が舞台に立ち、感極まって涙を浮かべると、会場から「泣くな!」という叱咤激励が。気を取り直した木竜は「こうして映画が広がっていくことがうれしい。この壇上にいる皆さんのかっこいい姿、かっこ悪い姿が全部お見せできたと思います」と胸を張った。

 一方、「ギロチン社」のリーダーを演じた東出は「こうして初日を迎えられたのはクラウドファンディングで出資してくれた方もそうですが、劇場に足を運んでくれる人がいるからです」と感謝を述べると、「閉塞感をぶち破る映画です」と力強く作品をアピールした。

 イベント中盤では、メンバー全員でイッチャナ節(女相撲興行で女力士たちによって歌われていた唄)を披露すると、観客は大盛り上がり。女相撲の大関・梅の里つね役の前原麻希が壇上で豪快なシコを踏むと、続けて寛一郎や東出、そして瀬々監督までもがシコを披露。最後、瀬々監督がしりもちを付くおまけまでつき、会場は大きな笑いに包まれた。

 本舞台あいさつには、木竜、東出、寛一郎、前原、瀬々監督のほか、韓英恵、渋川清彦、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太、大森立嗣、仁科あい、持田加奈子、播田美保、和田光沙、背乃じゅん、田代友紀、原田夏帆、荒巻全紀、池田良、飯田芳、小林竜樹、木村知貴、小水たいが、伊島空、東龍之介が登壇。瀬々監督は多くの出演者に囲まれ「ご支援があったからこそできた映画です。皆さんありがとうございました」と深々と頭を下げていた。(磯部正和)

映画『菊とギロチン』は全国順次公開中