俳優の神木隆之介が7日、都内で行われた「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD」発売記念ハイタッチ会・囲み取材に吉沢亮、甲斐翔真、小関裕太、松岡広大とともに出席。芸能事務所アミューズに所属するイケメン俳優たちが集結したイベントで神木が、吉沢に熱視線を送っていた。

 涼やかな浴衣姿で登場した5人。神木は「僕らに選択権があったので、それぞれの好みというか、好きな色に近いんじゃないかな」と自分たちでセレクトした浴衣にご満悦。ハンサムというワードには「久しぶりに褒められてうれしいです」と喜び、約5,000人のファンとのハイタッチ会にも「コミュニケーション(を取りたい)」と意欲を見せた。

 七夕にちなんで願い事を聞かれると、神木は「一番近い人の幸せを願わなければいけないので、僕は吉沢が今後とにかく幸せに暮らしていければ」と仲のいい吉沢に思いを込めると、「あれ? 俺が織姫かな?」と熱視線を送る場面も。そんな神木を「ありがとうございます」と軽くあしらう吉沢。自身の願いは「次の日とか意識しないで朝まで飲みたい。何なら昼くらいまで飲める日がほしい」そうで、人気者ゆえの悩みをのぞかせていた。

 本DVDは、昨年12月に TOKYO DOME CITY HALL で開催された、アミューズ所属の若手俳優による年末恒例のファン感謝祭「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017」を収録したもの。

 神木は、「ダンス、歌、お芝居(をしたり)、僕らだけでの出演映画を作らせていただいたりして、いつもの仕事以外で挑戦できる場所」と本感謝祭について説明すると、「ハンサムだからじゃなく、これに出たからハンサムになって来たのかな」と推測。「このイベントでいろんなことを教えてもらいました。初めての経験がいっぱいありましたし、いろんな方とコミュニケーションが取れました。ハンサムとおっしゃっていただけるのなら、このイベントのおかげです」とうれしそうに話していた。(取材・文:錦怜那)

「HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD」(税抜4,200円)は発売中