映画『旅猫リポート』(10月26日公開)から、主演の福士蒼汰とツンデレ猫がじゃれあうシーンなどを収めた予告編が公開された。

 ツンデレな愛猫ナナをとある事情で手放さざるを得なくなった主人公・悟(福士)が、新しい飼い主探しの旅に出る姿を描く本作。公開された予告編では、悟とナナがオモチャでじゃれ合って遊んだり、身を寄せ合ったりする幸せそうな場面が切り取られている。そんな二人の絆を感じさせるシーンがある一方で、映像の中盤には「俺の最後の猫がナナで良かった」という悟の切ないセリフも。なぜ悟はナナと一緒にいられなくなってしまったのか、その裏に隠された秘密が気になる仕上がりとなっている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、愛しそうにナナを抱きかかえる悟の姿を写したもの。右上には、「ぼくは、最後まで、サトルの猫でいる。」というナナの気持ちを表現したキャッチコピーが添えられている。

 原作は、「図書館戦争」シリーズなどで知られる有川浩のベストセラー小説。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で有川作品を映画化した経験のある三木康一郎監督がメガホンを取った。女優の高畑充希がナナの声を担当しているほか、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介らが共演に名を連ねている。(編集部・吉田唯)