お笑い芸人、女優の渡辺直美が、映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』(12月28日公開)の日本語吹替え版で、全米で大人気のぽっちゃりコメディエンヌ、エイミー・シューマー演じるヒロインの声優を務めることが決定。アフレコを振り返ったコメント映像が公開となった。

 今年3月に公開されたディズニー/ピクサーのアカデミー賞受賞作『リメンバー・ミー』日本語吹替え版で、画家フリーダ・カーロの声を担当していたことも記憶に新しい渡辺だが、吹替版で単独声優主演を務めるのは本作が初。

 本作は、自分に自信が持てず、仕事も恋も積極的になれない主人公レネーが、ジムで頭を強打したことから絶世の美女に変身したと錯覚し、人生が一変するさまを描くコメディー。「ありのままの自分の体型が大好き!」と公言し、VOGUEで表紙を飾るなど等身大の親しみやすさで人気のシューマーが、ぽっちゃりキュートなレネーをパワフルに好演している。

 公開されたコメント映像で、渡辺はもともとファンだったというシューマーの吹替えを担当するにあたり「エイミー・シューマーさんがとても面白い方なので、その笑いのニュアンスをどうやって表現するかを大事にしました」とコメント。

 「朝から夜まで丁寧に丁寧に向き合って、日差しを浴びていなかったのでモグラみたいな気持ちでした」とアフレコを終えた心境を明かしている。(編集部・石井百合子)