「パタリロ!」などで知られる魔夜峰央の漫画を、二階堂ふみ、GACKTのダブル主演で実写映画化する『翔んで埼玉』(2019年2月22日公開)の12名の追加キャストが発表された。新たに決定した出演者は、伊勢谷友介、京本政樹、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗、益若つばさ、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、中尾彬。併せて、物語が、東京都民から迫害される埼玉県人の戦いを描く「伝説パート」と、とある埼玉在住の一家を通してその伝説を振り返る「現代パート」の2部構成で展開することも明らかになった。

 埼玉版「ロミオとジュリエット」ともいうべき、原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで終了する未完成の物語。映画では原作の舞台や設定を生かしつつ、2部構成にアレンジするという。テレビドラマ「僕たちがやりました」「グッド・ドクター」などの徳永友一が脚本を務め、「のだめカンタービレ」シリーズや映画『テルマエ・ロマエ』シリーズの武内英樹がメガホンをとる。

 「伝説パート」は、埼玉県人の自由を求めて戦う、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、埼玉出身のアメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)らの物語。埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として千葉県が立ちはだかる一方、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県の勢力も登場。群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合っていく。

 百美の父で東京都知事・壇ノ浦建造の執事にして、実は千葉解放戦線のリーダーである阿久津翔に伊勢谷友介、東京を歩いても誰からも疑われない伝説の埼玉県人・埼玉デュークに京本政樹。百美の父・建造に中尾彬、その妻・恵子に武田久美子。麗の父・宗十郎に麿赤兒、麗のお手伝いさん・おかよに益若つばさ。そのほか、埼玉、千葉が東京、神奈川にはびこることを快く思わない神奈川県知事に竹中直人、東京都に不正に入り込んだ埼玉県人に間宮祥太朗がふんする。

 「現代パート」は、娘・愛海の結納のため東京へ向かう、埼玉県在住の菅原家を中心にした物語。父・好海にブラザートム、その妻で千葉県出身の真紀に麻生久美子、埼玉県出身であることに不満を持つ娘・愛海に島崎遥香、愛海の婚約者で東京に勤める埼玉県人・春翔に成田凌が決定している。(編集部・石井百合子)