次期ジェームズ・ボンドの有力候補として、実写映画『シンデレラ』で王子を演じたリチャード・マッデンの名前が挙がっていると Daily Mail Online が報じた。

 リチャードは、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブ・スターク役でも知られる32歳のスコットランド人俳優。バーバラ・ブロッコリら『007』シリーズのプロデューサー陣は、好評を博しているBBCの新ドラマ「ボディガード(原題) / Bodyguard」に主演するリチャードを見て、彼がボンドにふさわしいと考えたという。

 関係者は「かなりの確率で彼がこの役を得るように思えます。彼はバーバラの候補者リストのトップに載っているだけでなく、彼女は彼にオファーをする準備までしているのです」とコメントしている。

 これまで次期ボンドについては、『ダンケルク』のトム・ハーディ、「戦争と平和」のジェームズ・ノートン、「アウトランダー」のサム・ヒューアン、『高慢と偏見とゾンビ』のジャック・ヒューストン、「刑事ジョン・ルーサー」のイドリス・エルバ、『ホビット』3部作のエイダン・ターナーなどが候補として報じられてきたが、リチャードが一歩抜け出したのだろうか?

 現在ボンドを演じているダニエル・クレイグは、シリーズ第25弾をもって同役を卒業することになっている。同作は2020年2月14日に全米公開される。(編集部・市川遥)