横浜流星が主演を務めた映画『愛唄 -約束のナクヒト-』(2019年1月25日公開)の予告編が公開された。

 予告編の冒頭では「ねぇ、大好きな君へ」という歌い出しから始まるGReeeeNの名曲に合わせて「愛唄」という文字が書かれるシーンから始まる。そして「自分の命の限り」を知った主人公トオル(横浜)とトオルが出会う詩集の作者である少女・伊藤凪(清原果耶)とトオルの交流、トオルの友人の比呂乃(成海璃子)、龍也(飯島寛騎)の姿などが映し出され、最後は「その唄は僕らの運命から溢れ出た」という言葉と横浜のナレーションで締めくくられている。

 また、予告編映像を盛り上げているのがGReeeeNが現役高校生バンド No title をフィーチャリングした楽曲「約束 × No title」だ。2017年にLINE社主催のオーディションでグランプリを獲得した青森県出身の高校生3ピースバンドを起用したことについて、今作の音楽プロデューサーも務めているGReeeeNのJINは以下のようにコメントしている。

 「この曲には曲の構成として女性の声が必要でした。そして、映画の内容を踏まえ、現役高校生のバンドに依頼をしました。レコーディングを通して『約束』って、素敵なものに出来るかは自分次第だと言うことを改めて理解しました」。

 本作は異色の4人組音楽グループ・GReeeeNが、彼らのヒット曲「愛唄」を題材にして作り上げた脚本を映画化した作品。『海月姫』『ガールズ・ステップ』などの川村泰祐監督がメガホンを取っている。(編集部・海江田宗)