米大統領最有力候補であったがスキャンダルによって失脚した政治家ゲイリー・ハートを、ヒュー・ジャックマンが演じる『フロントランナー』の予告映像が公開となった。

たった一夜にして<大統領最有力候補>を失脚に導いた一つの報道

1988年、米国大統領選挙。コロラド州選出のゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、史上最年少にして最有力候補《フロントランナー》に躍り出る。知性とカリスマ性を兼ね備えた彼は、ジョン・F・ケネディの再来として大衆に愛され、当選は確実視されていた。しかし─マイアミ・ヘラルド紙の記者が掴んだ“ある疑惑”が一斉に報じられると事態は一変する。勝利を目前にして、ハートの築き上げた輝ける未来は一気呵成に崩れ去り、一つの決断を下す時が訪れる――

フロントランナー ティザー

本作は、1988年の民主党大統領選挙戦で最有力候補であったにも関わらず、スキャンダルによって選挙戦から脱退することなったゲイリー・ハートを中心に、選挙キャンペーンスタッフ、報道の信念をもったジャーナリスト、トクダネが欲しい記者、ハートの妻と娘、それぞれの視点に描く作品。

ゲイリー・ハートを演じるのはヒュー・ジャックマン。彼に関する膨大な資料を読み込み、ゲイリー本人とも対面。今まで演じてきた役柄と大きく異なる新たな挑戦に、激しい情熱とエネルギーを注ぎ込む。監督は『マイレージ、マイライフ』でアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされたジェイソン・ライトマン。

本作は、アメリカで11月6日に行われた中間選挙当日に4館で限定公開、11月21日に全米ワイド公開となる。このたび公開となった予告映像は、大統領選挙で当選確実とされていたゲイリー・ハートの突然の失脚を映し出す。「たった一つの報道が、たった一つの人生を消し去った―。」スキャンダルの顛末に興味を掻き立てられ、今までみたことのなかったヒュー・ジャックマンの新境地を予感させる映像となっている。映画は2019年2月1日(金)より全国ロードショー。