映画の配給や舞台の興行を手がける松竹株式会社が設立した「映画のある生活ラボ」が、「人間関係が良好でない人は、映画鑑賞による“幸福度”の上昇率が大きい」という結果を発表した。

 同調査では、全国の15歳から69歳まで2,230名を対象に、2018年6月8日から11日までインターネットでアンケート調査を実施。映画館での映画鑑賞の回数と、日々の生活の満足感や健康状態について回答を求めた。

 今回のアンケートでは、「家族や友人関係は良好であるかどうか」という質問を行った。ネガティブな回答をした人のなかで、映画をまったく観ない人に比べて映画館で映画を年間に5回以上観ている人は「日々の生活に満足している」「日々の生活に充実感を感じている」「健康に自信がある」「人生に生きがいを感じている」「未来に希望を感じている」の5項目で前向きな回答をした。

 この回答では、特に学生の上昇率が高いことが判明。また、「家族や友人関係は良好であるかどうか」にポジティブな回答をした年収700万以上の人は、年間映画鑑賞回数と「日々の生活に満足している」などの質問の数値に差があまりなかった。「映画のある生活ラボ」の第1回目の調査では、映画館で作品を観ている人は観ていない人よりも「幸福度が高い」という結果が発表されていた。(編集部・梅山富美子)