アメコミヒーロー映画『X-MEN』シリーズの新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019年6月公開)より、ファンアートによる新ポスターが公開された。

 『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、テレパシーとサイコキネシス(念動力)の特殊能力を持つX-MENのメンバー、ジーン・グレイの別人格「ダーク・フェニックス」により訪れる世界の危機に、スーパーヒーローチーム、X-MENが立ち向かう物語。新ポスターは7日、ジーン役のソフィー・ターナー、謎の女性を演じるジェシカ・チャスティン、そしてサイモン・キンバーグ監督が登壇したブラジルのコミコン「CCXP2018」にあわせて公開された。

 アメコミの表紙のようなビジュアルには、ポルトガル語で「暗黒」を意味する「NEGRA」の文字がブラジルの公開タイトルとして含まれており、中央に赤毛が逆立ちダーク・フェニックスと化したジーンの姿が。その左右に、プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)とマグニートー(マイケル・ファスベンダー)が配置されている。

 熱気に包まれたコミコンの会場では、白とグリーンの鮮やかな装いで登場したソフィーとジェシカらがファンとの交流を満喫し、ステージに寝そべって記念撮影する一幕もあった。(編集部・小松芙未)