大ヒット公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』に『オースティン・パワーズ』シリーズや、『シュレック』の声優で知られる俳優マイク・マイヤーズが出演しているが、気づいただろうか。

 伝説のロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた同作で、マイクが演じたのはEMIレコードの社長レイ・フォスター。「ボヘミアン・ラプソディ」をシングルとして出したいクイーンのメンバーたちに対して、曲が長すぎるなどと断固拒否する役どころだ。

 しかし、そのルックスは大きなサングラスをかけ、ひげを生やした、もはや誰だかわからないビジュアルで、ネット上では「あの役がマイクマイヤーズだったってわからなかった」「マイクマイヤーズが出てたことに気がつかなかった」「マイクマイヤーズはどこにでていたのだろうか」などと話題に。

 マイクといえば実際はクイーンの大ファンとして知られ、映画『ウェインズ・ワールド』(1992)の冒頭、車の中で「ボヘミアン・ラプソディ」をノリノリで歌うシーンが有名。そんなマイクがクイーンの音楽が理解できないレコード会社の社長を演じるというのは、何とも心憎いキャスティングだ。(編集部・中山雄一朗)