平成が終わる今だから振り返りたい、月9ドラマ! 今回は、10~40代の男女を対象に「 名作だった平成の月9ドラマ」を聞いてみました!

■質問内容

名作だった平成の月9ドラマはどれですか。

■調査結果

1位:HERO(主演:木村拓哉) 21.0%
2位:東京ラブストーリー(主演:織田裕二) 18.0%
3位:ロングバケーション(主演:木村拓哉、山口智子) 17.0%
3位:101回目のプロポーズ(主演:武田鉄矢) 17.0%
5位:ガリレオ(主演:福山雅治) 16.0%
6位:のだめカンタービレ(主演:上野樹里) 15.0%
7位:やまとなでしこ(主演:松嶋菜々子) 13.0%
8位:ひとつ屋根の下(主演: 江口洋介、福山雅治、酒井法子、山本耕史) 11.0%
9位:人にやさしく(主演:香取慎吾) 10.0%
10位:あすなろ白書(主演:石田ひかり、筒井道隆) 9.0%
10位:ビーチボーイズ(主演:反町隆史、竹野内豊) 9.0%

●1位! HERO!

1位は、「HERO」でした!

2001年に放送された本作は、法曹界を舞台とした大ヒット作品です。

木村さん演じる久利生は、少々破天荒な検察官で、松たか子さん演じる検察事務官との相性も抜群。

ともすれば難しくなりがちな内容を、テンポよく楽しく描いたことで、大きな人気を獲得しました。2015年に劇場版が公開されたことも、本作が多くの人たちから深く愛されている証拠と言えるでしょう

●2位! 東京ラブストーリー(主演:織田裕二) !

2位は、1991年放送の「東京ラブストーリー」でした!

柴門ふみさんの漫画が原作である本作。

主演の織田裕二の出世作として今も輝き続ける傑作です。

今見ると、かなりバブリーな雰囲気ですよね(笑)

尚、小田和正さんのテーマソング『ラブストーリーは突然に』は時代を超えて愛される名曲となっています。

●3位! 2つの傑作がランクイン!

3位は、「ロングバケーション」「101回目のプロポーズ」でした!

「ロングバケーション」は1996年の放送。木村拓哉さんと山口智子さんが主演して大ヒットとなりました。モデルとピアニストの同棲と言うおしゃれなシチュエーションですが、そこにはなかなか深いメッセージも込められています。

「101回目のプロポーズ」は1991年の放送。ある意味では3枚目の俳優である武田鉄矢さんと、トレンディ女優の代表的な存在である浅野温子さんとのラブストーリーです。ダンプカーの前に命がけで飛び出して告白するシーンは、日本のドラマ史に残る名シーンと言えるでしょう

■平成を彩った月9ドラマ!

いかがでしたか。今回は、名作だった平成の月9ドラマが多数ランクインしました。30〜40代以上の方ならば、今回ランクインしたドラマの取り替え1つはご覧になったことがあるのではないでしょうか。これらの作品はまさに、平成を彩った名作。平成が終わる前に、ブルーレイやDVDなので改めて見返してみるのも良いかもしれませんね!

(2018年12月 調査対象:10~40代の男女)※JOOKEY調べ