キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが、シリーズ完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最初の1時間を鑑賞したと The Hollywood Reporter に明かし、「本当にいい出来だ。3回感極まってしまった」と語った。本作の上映時間は3時間2分だと報じられており、エヴァンスが観たのは全体の三分の一に過ぎない。それで3回感極まったとなれば、完全版を鑑賞したファンは一体どうなってしまうのだろうか……。

 『エンドゲーム』が描くのは、最凶最悪の敵サノスによって全宇宙の生命の半分が一瞬で滅ぼされた後、約半分になったアベンジャーズのメンバーたちが最後の戦いに挑むさまだ。エヴァンスらアベンジャーズのメインを担ってきたキャストの多くは本作をもって出演契約が満了となり、シリーズを去る人たちも出てくる。

 「『エンドゲーム』の最初の1時間を観た」というエヴァンスは、記者から「つまりキャップテン・アメリカが死ぬシーンまで?」とツッコまれると、「その通り。僕がトニー(ロバート・ダウニー・Jr演じるトニー・スターク=アイアンマン)に殺されるまで。ほら、『こんなの観ていられない』となったから」とキツめのジョークで応酬。「3回感極まった」というコメントに対して記者から「なぜならキャップが死ぬから?」と追い打ちをかけられると、「そう。自分が死ぬのを見るのはつらい」と笑い、「最初のバージョンは3時間以上あった。僕の葬式のシーンが1時間くらいあるんだよ」とちゃめっ気たっぷりに続けていたという。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』は4月26日に日米同時公開される。(編集部・市川遥)