米CBS局などが更新するドラマを発表し、「HAWAII FIVE-0」「BULL/ブル 法廷を操る男」「マダム・セクレタリー」などが新シーズンを発表した。

 第4シーズンが決まった「BULL/ブル 法廷を操る男」だが、昨年末、主演のマイケル・ウェザリーによるセクハラ疑惑の一件で、制作会社の一つであるスティーヴン・スピルバーグの Amblin Television が手を引いたとDeadlineが報じている。Amblinのスポークスマンは理由についてはコメントしていない。

 ほかには、映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のテレビドラマ版「ワット・ウィー・ドゥ・イン・ザ・シャドウズ(原題) / What We Do in the Shadows」の第2シーズンが決まったほか、『ベスト・キッド』の続編YouTubeドラマ「コブラ・カイ(原題) / Cobra Kai」も第3シーズンが決定。一方、「POWER/パワー」は第6シーズンで終了することが決まったが、The Hollywood Reporter によるとクリエイターのコートニー・ケンプ・アグボーはすでにスピンオフを検討しているらしい。

 新シーズンが決まった主なテレビドラマは以下の通り。(澤田理沙)

「HAWAII FIVE-0」 シーズン10
「BULL/ブル 法廷を操る男」 シーズン4
「マダム・セクレタリー」 シーズン6
「SEAL Team/シール・チーム」 シーズン3
「S.W.A.T.」 シーズン3
「MACGYVER/マクガイバー」 シーズン4
「ワット・ウィー・ドゥ・イン・ザ・シャドウズ(原題)」 シーズン2
「コブラ・カイ(原題)」 シーズン3
「ビリオンズ」 シーズン5