映画作品情報

  • TOP
  • 新世紀エヴァンゲリオン〈劇場版〉 シト新生
新世紀エヴァンゲリオン〈劇場版〉 シト新生
1997年03月15日公開
解説
1995~96年にかけて放映され、アニメ・ファンの枠を越えて様々な論議を呼び起こしたTVアニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』の映画版。本来は、総集編である「DEATH」編と、視聴者を唖然とさせた最終2話を新たに撮り直す「REBIRTH」編の2部構成で予定されていたが(おそらくタイトルの“シト新生“とは“死と再生“の意味だろう)、それぞれが肥大したため、後者は未完成のまま公開された。2015年。音信不通だった父・ゲンドウに呼ばれて、14歳の碇シンジが汎用人型決戦兵器“エヴァンゲリオン“を操縦することになる。敵は、姿を変えて次々にやって来る正体不明の存在“使徒“。シンジは同僚の少女パイロット・綾波レイや惣流アスカ・ラングレーと一緒に度重なる激闘を耐え抜くが、戦うことの意味を見つけ出せぬまま、心身ともに疲れ果ててしまう。そんな彼に唯一、安らぎを与えたのが渚カヲルという魅力あふれる少年だった……。
あらすじ
作品データ
製作国 : 日本
公開年月日 : 1997.03.15
上映時間 : 99分
配給 : 東映
情報提供:ぴあ