映画作品情報

  • TOP
  • 勝手にしやがれ
勝手にしやがれ
1998年08月29日公開
解説
原案はF・トリュフォーが担当、クロード・シャブロルも製作に参加したといわれ(実際は何もしていなかった)、ゴダールと合わせてフランスの代表的映画雑誌『カイエ・デュ・シネマ』の3人がそろいぶみした、ヌーヴェル・ヴァーグの決定打と言われる作品。既成のフランス映画の概念、ひいては映画製作の常識を覆し、アメリカン・ニューシネマにも決定的影響を与えた。自動車泥棒ミシェルは警官を殺してパリに逃げて来た。ガールフレンドのアメリカ人パトリシアとは互いに自由を許しあった束縛のない愛を楽しんでいる関係。警察の手は迫り、パトリシアはミシェルの愛を確かめるため彼の居場所を密告、ミシェルにも警察の追跡を知らせる。逃げるミシェルの背後から警官が射つ。“俺は最低だ“と自らの手でまぶたを閉じて死ぬミシェル。“最低って何のこと?“とパトリシアはつぶやく……。
あらすじ
作品データ
製作国 : 仏
公開年月日 : 1998.08.29
上映時間 : 90分
原題 : A BOUT DE SOUFFLE
配給 : アミューズ
情報提供:ぴあ