映画作品情報

  • TOP
  • マリー・アントワネット〈2006年〉
マリー・アントワネット〈2006年〉
歴史上最も有名な王妃をS・コッポラが映画に
2007年01月20日公開
解説
『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラが、マリ-・アントワネットをヒロインに映画化。14歳でオーストリアからフランスに嫁ぎ、贅の限りを尽くして国民の反感を買った王妃。だが羨望と嫉妬のなか、プライベートが一切なく孤独だった彼女の半生を、ひとりの少女の成長物語として描出。マリー役をキルスティン・ダンストが好演している。
あらすじ
マリー・アントワネットは母親の意思により、14歳でフランスにお嫁入り。しかし、夫のルイ14世は自分に興味がないのか手も触れてこない。その虚しさから彼女は、ギャンブルやパーティにハマっていき……。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 米=仏=日本
公開年月日 : 2007.01.20
上映時間 : 123分
原題 : MARIE ANTOINETTE
配給 : 東宝東和=東北新社
(C)2005 I Want Candy LLC.
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。