映画作品情報

  • TOP
  • おくりびと
おくりびと
納棺師を通して描く人間の愛に満ちた“生“
2008年09月13日公開
解説
遺体を棺に納める仕事、納棺師。誰もが避けては通れない旅立ちの時に立ち会う職業についた主人公を通じて、様々な生と愛のカタチを描く人間ドラマ。本木雅弘が勘違いから納棺の仕事に就いてしまった主人公を好演。劇中で美しいチェロ演奏も披露している。そのほか、山崎努、余貴美子、広末涼子らがユーモラスながら抑制の効いた演技を見せる。
あらすじ
求人広告で“旅のお手伝い“とのフレーズを見た大悟はNKエージェント社を訪れるが、そこで扱っているのは“旅立ちのお手伝い“、遺体を棺に納める仕事だった。大悟は妻に仕事の内容を隠したまま、納棺見習いとなる。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 日本
公開年月日 : 2008.09.13
上映時間 : 130分
配給 : 松竹
(C)2008 映画「おくりびと」製作委員会
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。