映画作品情報

  • TOP
  • オレンジと太陽
オレンジと太陽
スキャンダルにたった一人で立ち向かった女性
2012年04月14日公開
解説
名匠ケン・ローチの息子ジム・ローチの初監督作品。イギリスの黒い歴史とも言われる“児童移民制度“の真相を暴いたマーガレット・ハンフリーズの実話を描く感動のヒューマン・ドラマ。演技派女優エミリー・ワトソンが、巨大な権力にたったひとりで立ち向かった女性を見事演じきった。そのひたむきな姿に心打たれること間違いなしの感動作だ。
あらすじ
マーガレットはイギリスでソーシャルワーカーとして働いていた。そんな彼女のもとにシャーロットという女性が、「私が誰なのか調べてほしい」と訪ねてくる。初めは彼女の話に半信半疑だったマーガレットだったが、調査を続けるうちに思わぬ事実を知る。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 英=オーストラリア
公開年月日 : 2012.04.14
上映時間 : 106分
原題 : ORANGES AND SUNSHINE
配給 : ムヴィオラ
(C)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。