映画作品情報

  • TOP
  • おおかみこどもの雨と雪
おおかみこどもの雨と雪
細田守監督が描く“母と子“の物語
2012年07月21日公開
解説
『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督の新作。若くして“おおかみおとこ“と恋に落ち、雨と雪というふたりの子を授かった人間の女性・花が、“おおかみおとこ“の死後、都会を離れて自然の豊かな地で懸命に子を育てる姿を描く。脚本の奥寺佐渡子、キャラクターデザインの貞本義行ら、これまでの細田作品のスタッフが再集結している。
あらすじ
大学生の花は、ある日恋をする。しかし、なんとその人は人間の姿をした“おおかみおとこ“だった。それでも花の気持ちは変わらず、やがてふたりの子供ができる。そして、姉は“雪“、弟は“雨“と名付けられたが、実はふたりにはある秘密があり……。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 日本
公開年月日 : 2012.07.21
上映時間 : 117分
配給 : 東宝
(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。