映画作品情報

  • TOP
  • 後妻業の女
後妻業の女
“後妻業“を題材に豪華キャストで綴る人間喜劇
2016年08月27日公開
解説
直木賞作家・黒川博行の同名小説を『愛の流刑地』の鶴橋康夫監督が映画化。資産を持つ独身男性の後妻となり金品を貢がせる犯罪“後妻業“を題材に、人間の欲や孤独感、悲しみを明るく切り取り、現代社会に潜む悲喜劇を描き出す。結婚詐欺師の主人公・小夜子を大竹しのぶ、小夜子とともに独り身の老人を騙す結婚相談所所長役を豊川悦司が演じる。
あらすじ
婚活パーティーで小夜子と再婚を決めた耕造は、その後倒れ、間もなく死亡する。耕造の娘・朋美は、後妻となった小夜子に公式証書遺言状を突きつけられ、遺産は全て小夜子のものだと知らされる。不審に思った朋美は探偵の本多を雇い小夜子について調べ始める。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 日本
公開年月日 : 2016.08.27
上映時間 : 128分
配給 : 東宝
(C)2016「後妻業の女」製作委員会
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。