映画作品情報

  • TOP
  • だれかの木琴
だれかの木琴
ストーカーへと変貌する平凡な主婦の静かな狂気
2016年09月10日公開
解説
井上荒野の同名小説を『もう頬づえはつかない』『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の名匠・東陽一監督が映画化。常盤貴子、池松壮亮をキャストに迎え、平凡な主婦が些細なきっかけでストーカーに変貌していく様を描き出す。現代の女性が抱く飢餓感や疎外感をテーマに、それと対峙する男の姿を捉え、人と人との共鳴・共振の物語を紡いでいく。
あらすじ
娘と夫と共に東京郊外の家に引っ越してきた主婦・小夜子は、新く見つけた美容院で髪を少し切った。帰宅後、担当美容師の海斗から小夜子に営業メールが届く。それに何気なく返信したことから、不思議な感情にとらわれた小夜子は、一方的に海斗に執着し始める。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 日本
公開年月日 : 2016.09.10
上映時間 : 112分
配給 : キノフィルムズ
(C)2016 『だれかの木琴』製作委員会
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。