映画作品情報

  • TOP
  • 恋妻家宮本
恋妻家宮本
遊川和彦初監督作で阿部寛、天海祐希が熟年夫婦に
2017年01月28日公開
解説
TVドラマ『家政婦のミタ』『〇〇妻』の脚本家・遊川和彦が、阿部寛、天海祐希を迎えて映画初監督を務める人間ドラマ。子どもが独立してふたりきりになった夫婦の生活をコミカルかつハートフルに綴る。様々な家族の姿を描いてきた遊川が重松清の小説『ファミレス』を基に大胆に脚色し、独自の視点で現代の夫婦、家族の在り方を映し出していく。
あらすじ
結婚生活も25年が経ち、子どもも独立の時を迎えた宮本陽平と妻・美代子は、久々のふたりきりの生活に戸惑う。ある夜、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれた離婚届を発見する。浮気もせず真面目に働き、自分には何の問題もないと思っていた陽平は動揺する。
作品データ
ジャンル : 人間ドラマ
製作国 : 日本
公開年月日 : 2017.01.28
上映時間 : 117分
配給 : 東宝
(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。