映画作品情報

  • TOP
  • 残されし大地
残されし大地
ベルギー人監督が見つめた“フクシマ“
2017年03月11日公開
解説
2016年3月22日、ベルギー地下鉄テロで亡くなったサウンドエンジニア、ジル・ローランの初監督にして遺作。妻の母国である日本に 2013 年に来日したジル監督が、“土地と寄り添いながら生きる人たちの力強さ“をテーマに、東日本大震災後のフクシマを映し出す。製作者が、命を懸けて、命の尊さを描いた珠玉のドキュメンタリー映画だ。
あらすじ
福島県第一原発から約12キロ離れた双葉郡富岡町。2011年3月11日の福島第一原発の事故の後、淡々と進む時間の中で、町に残る者、戻る者、戻らない者、故郷を失わざるを得なかった人たちの今とこれからが、自然体で語られる言葉から垣間見えてくる。
キャスト
作品データ
ジャンル : ドキュメンタリー
製作国 : ベルギー
公開年月日 : 2017.03.11
上映時間 : 76分
原題 : LA TERRE ABANDONNEE
(C)CVB / WIP /TAKE FIVE - 2016 - Tous droits reserves
情報提供:ぴあ

関連映画

マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。
マイシアターとは?
お気に入りの映画館を「マイシアター」に設定しておくと、上映中の作品やスケジュールがかんたんに確認できるようになります。
マイシアターは2つまで設定できます。

PICK UP